同棲すると別れる確率が上がるの?つらい別れを考えられてしまうタイミングとは?

大好きな人と一緒に暮らせると嬉しくワクワクしてスタートした同棲生活が、逆に別れる確率を高くしてしまっていたということは少なくありません。

ある調査によると同棲生活を始めて4~7年以内に結婚に至ったカップルの割合は40%ですが、別れてしまったカップルの割合が42%と、別れる確率の方が高いというデータもあります。

 

同棲を始めたことでなぜつらい別れを選択することになってしまったのか、その原因が気になりますよね。

そこで今日は同棲をしたカップルがつらい別れを考えてしまうタイミングやそのきっかけを調査しました!

付き合っている彼氏と同棲したいねって話しているんだけど、周りのカップルで同棲を始めてから別れてしまったカップルが多いのよね……。大好きで始めたはずの同棲なのに別れるカップルが多いのはなぜ?私たちもそうなってしまったらって不安なのよね~。
同棲生活では今までみえなかったお互いの悪い部分がみえたり、すれ違いで険悪になってしまうカップルが多いみたいよ。最悪の場合はそのまま別れてしまうカップルも多いそう。同棲を考えているなら、同棲中のどんなきっかけでつらい別れを考えてしまうのかしっかり予習しておいた方がいいわね!一緒に調査していきましょう!

 



同棲すると別れる確率が上がるって本当?

  • 同棲して4~7年以内に結婚したカップル→40%
  • 結婚まで至らずに別れてしまったカップル→42%

上述にあるデータのように、同棲生活をはじめて結婚したカップルより別れてしまったカップルの方が多いことがわかります。

結婚を前提に同棲を始めるという人が多いなか、別れる確率の方が高いなんて驚きですよね!

 

実際に同棲生活を始めると周りの人に相談したとき、うまくいかずに同棲生活を解消したり、最悪の別れを選択してしまったというエピソードをたくさん聞きますよね。

一緒に住みたいと思うほど好きな人なのに、同棲生活を始めるとなぜ別れる確率が高くなってしまうのでしょうか。

 

つらい別れを考えられてしまうタイミングとは?

では実際にどんなタイミングで別れを考えてしまう人が多いのか、具体的にみていきましょう。

 

価値観の違いを感じたとき

価値観の違いは、付き合って間もない時や同棲生活でもまだお互いに遠慮のある時期にはなかなかわからないものです。

はじめはお互いに歩み寄りの気持ちがありどちらかに合わせようと努力しますが、同棲生活に慣れ始め自分のペースで生活したいと思い始めた頃に感じ始めるかもしれません。

 

例えば、お風呂の順番だったり洗濯のタイミング、掃除の仕方だったりと、些細な事だけど毎日行ってきた習慣のようなものにこそ、お互いの価値観の違いが生まれてしまいます。

 

この習慣はお互いに育ってきた家庭環境にも大きく影響しているため、簡単には変えられないことが多いです。

そういった価値観の違いがきっかけで喧嘩になってしまうことが多いようです。

 

金銭感覚の違いを感じたとき

同棲生活で問題になりやすいのが金銭問題です。

同棲の生活費で揉めてしまうこともありますし、生活費に対するお金の使い方でも金銭感覚の違いは生まれます。

 

どちらかが食費や光熱費の節約を意識しているのに、それを無駄にするような使い方をされると頭にきてしまいますよね。

他にも浪費癖があったり、彼が実はギャンブル好きだったなど、お金に対する価値観の違いは別れを考えてしまうきっかけになります。

 

マンネリ化を感じたとき

同棲生活でいちばん怖いのはマンネリ化。

浮気よりもマンネリ化の方が別れる原因になることが多いと言われるほど、カップルのマンネリ化は要注意です。

 

同棲する前は週に何度かのデートでしか会わず、会う度に新鮮な気持ちを味わっていたのに、同棲生活を始めて毎日顔を合わせると徐々に新鮮さは薄れていってしまいます。

いつの間にかお互い家族のような存在になっていて、新鮮さもドキドキも感じないことが退屈だと感じてしまうようです。

 

最悪の場合には刺激を求めて浮気にはしってしまうというパターンも……。

家族のような落ち着いた関係をお互いに望んでいるカップルは居心地が良いでしょうし問題ありませんが、いつまでも新鮮さや刺激を求める人はいろいろな工夫が必要かもしれません。

 

生活リズム、生活スタイルの違い

同棲生活では衣食住を共にするので、お互いの生活リズムはとても重要です。

 

お互いに働いているカップルは、その仕事の勤務形態によっては昼夜逆転のすれ違い生活になってしまうこともあります。

 

お互いの時間を共有したいと思い始めた同棲生活なのに、生活リズムの違いにより顔も合わせない日々が続くと辛いものですよね。

そういったすれ違いから同棲解消や、別れにつながるパターンもあります。

 

結婚につながらないと感じ始めたとき

同棲生活を始める人の多くは、結婚を見据えている場合が多いです。

しかしこれがどちらかの一方的な気持ちだった場合は危険。

結婚を期待して同棲生活をスタートさせたのに、その気が全く感じられない、プロポーズの気配もないとなると同棲の意味を見失ってしまいます。

 

特に女性は何歳までに結婚したいという目標を決めている人も多いですし、子供も欲しいとなるとのんびり待ってもいられません。

そんなときに同棲中の彼氏に全くその気が感じられないとイライラしてしまいますよね。

そんな結婚に対する意識の違いは、別れる大きな原因になりうるのです。

 


同棲から辛い別れを考える前に冷却期間を

同棲中に別れを考えてしまうとつい勢いで出て行ったり、別れを告げてしまいそうになりますが、そこは一旦冷静になりましょう。

同棲中に別れることになると色々とややこしい問題が発生してしまいます。

引越し費用はどうする?

同棲している部屋の権利はどうする?

家具や家電はどちらが引き取る?

など、お金に絡んでくる問題ですが、揉めやすいところです。

ただでさえ別れを考えるほどつらい状況なのに、これ以上お金のことで揉めたくないですよね。

 

そんなことにならないように、同棲中の彼との仲が険悪になり始めたら一旦冷静になり、冷却期間を持つべきです。

 

実家に帰れる人は少しの間実家に戻り、彼から離れて生活してみるなどお互いに1人になれる期間をつくりましょう。

冷却期間を持つことで、本当に自分たちに同棲生活が向いているのかをじっくり考えることができます。

生活リズムの違いなどからどうしても同棲生活に向かないカップルもいますし、同棲解消して別々に暮らした方がかえって関係が良好になったということも少なくありません。

 

同棲すると別れる確率 別れを考えるタイミング まとめ

残念ですが、同棲すると別れる確率が上がることが多いということがわかりました。

同棲生活は毎日顔を合わせて衣食住を共にすることなので、いろいろな考え方の違いが出てきてしまうのは当然のことです。

そんなときに一方が我慢しすぎると、いつかその不満が爆発して別れにつながってしまいます。

お互いに妥協できるところは妥協することが必要ですし、どれだけ相手に歩み寄れるかが同棲生活をうまく続けていくポイントのようです。

 

また、同棲生活は別れてしまったら終わり、というわけにはいかず住んでいるマンションの問題や引越しなど様々なリスクとお金の問題が発生しますので、別れという答えを出す前に冷却期間をつくって冷静な判断をしましょう。


同棲生活では価値観の違いやすれ違いなど、色々な問題が出てきますが、逆に言うと、この問題を一緒に乗り越えられる相手が結婚相手に相応しいということです。

時にはたくさんぶつかって喧嘩をしても二人の絆は深まります!

同棲生活が二人の素敵な未来へ繋がることを願っています☆