同棲から別れる時は親に挨拶が必要?結婚前提ではなかった場合など!

はじめは順調にいっていた同棲生活も、すれ違いや価値観の違いから同棲解消や別れるという結末に至ってしまうことは少なくありません。

そこで気になるのは同棲から別れる時に、お互いの両親に挨拶は必要なのかという問題です。

これはとても難しい問題ですが、お付き合いをしていた時のご両親との関係性や、同棲前に挨拶に行ったかどうかでも対応が変わってくるようです。

そこで今日は同棲から別れる時に相手の親に挨拶が必要かどうかについて、検証していきたいと思います。

1年半同棲した彼氏と別れることになったの。同棲前にご両親には挨拶をしていて、付き合っている間も何度かお会いしたことはあるし良くしてもらっていたから挨拶に行った方がいいと思っているんだけど正直行き辛いというのが本音。こんな場合みんなはどうしているのかしら?
同棲から別れる時の挨拶って本当に行き辛いわよね~。別れの挨拶をしてもご両親も気まずいだろうし挨拶に行かなくても良いという意見もあるけれど、仲良くさせてもらっていたなら迷うところよね。同棲から別れる時のご両親への挨拶問題、みんなはどうしているのか一緒に調べてみましょう!
Sponsored Link

 

同棲から別れるときに挨拶は必要?

同棲から別れてしまったときにご両親への挨拶が必要かどうかについては、どういった経緯で同棲することになったかによっても変わってきます。

  • 結婚前提でスタートした同棲
  • 結婚前提ではなくなんとなくスタートした同棲

同棲生活がはじまるきっかけは上記のような2パターンに分かれることが多いです。

それぞれのパターンによって、別れる時に挨拶をした方がいいのか、なくても大丈夫なのかが変わってくるでしょう。

 

結婚前提だった場合

お互いに結婚を見据えてはじめた同棲生活では、同棲生活をはじめる前にお互いのご両親へ挨拶を済ませていることが多いです。

そして当然、「結婚を見据えて同棲生活を始めたい」という気持ちを伝えているでしょう。

結婚前提であったにも関わらず残念ながら別れることになってしまった場合は、礼儀として挨拶をする方が良いとされています。

特に、相手のご両親と連絡を取り合っていたり、食事に行ったりと親交のあった場合は挨拶をする人が多いようです。

 

結婚前提ではなかった場合

結婚前提ではなくなんとなく同棲生活が始まったり、どちらかの家に住みつくかたちで同棲しているカップルは、別れることになっても挨拶は必要としていないことが多いです。

なんとなく同棲生活をはじめた人の多くは、ご両親に挨拶へ行くタイミングを逃してしまい挨拶に行っていないという人が多いので、別れるときも挨拶に行くことは少ないでしょう。

 

挨拶に行くならなんと伝えるべき?

結婚前提で同棲をスタートした、同棲中にご両親と親交があったというカップルは、別れるときに礼儀として挨拶に行く場合がありますが、どのようなことを伝えれば良いのでしょうか。

同棲から別れるときのご両親への挨拶について、おさえておきたいポイントをご紹介します。

POINT
  • 感謝の気持ちを伝える

まずは相手や相手のご両親に向けて「お世話になりました」と感謝の気持ちを伝えましょう。

相手への怒りや不満ももちろん心の中にはあるかもしれませんが、そこはグッと抑えて大人の対応を心がけましょう。

 

  • 直接会うなら手土産も忘れずに

直接会って挨拶するということになったら手土産も忘れず持参しましょう。

良い話ではありませんが、会う時間を割いてもらったことに対するお礼と誠意をみせるためです。

 

  • 可能なら同棲解消に至った経緯なども軽く伝えましょう

友達ではないので別れるに至った経緯を事細かに話すことはありませんが、なぜそうなってしまったかはやはりご両親も気になるところ。

「価値観の違いで…」や「どうしても生活リズムが合わず…」など大まかに簡潔な説明はあっても良いでしょう。

もちろん相手への不満や悪口はNGです。

 

まとめ

同棲から別れることになってしまった時、挨拶が必要か不要かは、

  • 同棲前に挨拶に行っていたか
  • 結婚前提の同棲だったのか
  • 同棲中にご両親と親交があったか

など、ご両親とのお付き合いの仕方によって変わってくることがわかりました。

直接会っての挨拶となるとハードルが高いかもしれませんが、電話での連絡でも大丈夫です。

メールやラインが可能なら感謝の気持ちを添えたメッセージがあると良いでしょう。

同棲から別れてしまうという結果はとても残念ですが、お互いが前に進むためにも挨拶というけじめはとても大切です。

別れることになってしまったパートナーですが、最後によく話し合って、挨拶が必要かどうか考えてみてください。

Sponsored Link