同棲を挨拶なしで始めるのは非常識?彼氏にはなんて伝える?

Sponsored Link


同棲を始めるときに頭に浮かぶのは、両親への挨拶どうする?という問題です。

同棲前に挨拶なしというのは非常識なのでしょうか?
結論から言うと、同棲前にはお互いの両親へ挨拶をすることをおすすめします!

 

しかし中には彼氏が尻込みしてなかなか挨拶に来てくれないというパターンも多いようです。

そんな時は彼氏にどんな風に伝えるとスムーズにいくのでしょう。

同棲前の挨拶問題について詳しく解説します!
Sponsored Link

 

同棲を挨拶なしで始めると非常識?その訳とは

同棲を始める前に両親に挨拶をしたというカップルは7~8割というデータもあります。

将来結婚を見据えての同棲だったので、挨拶はしておくべきだと考えていました。
将来、結婚の挨拶に行った時に実は同棲をしていたという話になるとイメージが悪くなりそうな気がして……。

やはり多くのカップルが同棲前に挨拶をした方が良いと考えているようですね。

 

親御さんの立場に立ったとき、何も知らされずに娘・息子が同棲をしていたと聞くとやはり良い気はしないはずです。

厳しいご家庭だと、なんて非常識な!と激怒される場合も……。

 

そうなると彼氏、彼女のイメージは一気に悪くなってしまいます。

そんな事態を避けるためには、やはり同棲前の挨拶は必須のようです。

 

彼氏に同棲の挨拶に来てほしいときにはなんて伝える?

彼氏にとって、彼女のご両親に会うというのはとても緊張する出来事です。

 

そのうえ、同棲の挨拶となると気が引ける男性も多いはず。

そんな時、彼氏になんと伝えればスムーズに挨拶に来てくれるでしょうか。

 

  • 「親が心配しているから……」

娘が同棲を始めると聞いて、どんな男性と一緒に住むのか心配しない親はほとんど居ないはず。

心配な気持ちを解消するためにも、会ってきちんと挨拶しておくことが何より良策です。

親に心配をかけたくないという気持ちを正直に彼氏に伝えて、挨拶に来てもらうようお願いしてみましょう。

 

  • 彼のご両親にも挨拶に行きたいと自らお願いしてみる

彼が自分の親に挨拶に来るのを拒んでいるようなら、まず先手を切って彼のご両親に挨拶に行くことを提案してみましょう。

彼女が自分の両親に会ったなら、じゃあ自分も……となるのが心理です。

 

あなたが彼氏の両親と同棲の挨拶をスムーズに済ますことができたら、きっと彼も同棲前の挨拶に自信が持てるはずです。

Sponsored Link

 

好印象の同棲挨拶とは?

同棲の挨拶で好印象を得るためには、言うべきワードと言ってはいけないワードがあります。
○言うべきワード
  • 「結婚を考えております」
  • 「結婚を前提に」
  • 「お互いのために一緒に生活したい」
×言ってはいけないワード
  • 「同棲したい」
  • 「将来のことはわかりませんが……」
  • 「結婚はまだ考えていないのですが……」

結婚を前提に考えていることを明確に伝えると好印象です!

また、「同棲」というワードは軽く聞こえてしまうので、「一緒に暮らしたい」「一緒に生活したい」という言葉に置き換えて会話するようにしましょう。

 

同棲前の挨拶なしは非常識?まとめ

きちんと挨拶を済ませておいたから、その後のお付き合いがスムーズにいったという話はよく聞きます。

逆に挨拶なしでこっそりと同棲を始め、バレて大変な修羅場になったという話もあるので、やはり同棲前の挨拶は良好な関係を続けていく上で必要なようです。

特に同棲の先に結婚を考えているカップルは挨拶必須ですね!
最近は同棲に対して理解を示してくれる親御さんが増えているので、挨拶なしでイメージを悪くしてしまうよりは、まず初めに挨拶をし、見守ってもらえるような環境を自分たちでつくることをおすすめします。
とても緊張する場面ですが、ふたりの将来のための同棲ということを明確に伝えれば、ご両親もきっと安心してふたりのことを応援してくれますよ!

頑張ってくださいね!

Sponsored Link