同棲を結婚前提でしたのに別れる?損しないためのチェックポイント

Sponsored Link


結婚前提で同棲しても別れてしまうことはあるでしょう。

ただ結婚前提という段階では法律上は他人なので、離婚のように裁判沙汰になるようなことは、ほとんどないでしょう。

それでも同棲生活がほぼ結婚していた状態に等しい場合、別れてしまうとあなたにとって不利なことばかりで損してしまうと思えることもあるかもしれません。

そこで今回は、結婚前提で同棲したのに別れることになった時、損しないためにあらかじめ決めておいたほうがよいルールと注意点について紹介いたします。

結婚前提で同棲を始めて半年たつけれど、このまま結婚していいのか悩むことがある。もし別れることになっても後悔しない方法があれば知りたい。
今まさに同棲中で、別れることは考えたくないけれど、将来は正直どうなるかわからないから、将来のもしもの時のために参考にしてみよう。
Sponsored Link

 

結婚前提で同棲する際に決めておくべきルール

結婚前提で同棲する際、いくら大好きな恋人でも相手は他人ですから、暮らしてみたら別れたいと考えるようになる可能性もあります。

そこでなるべくお互い楽しく生活できるようにするために、事前に二人の生活ルールを決めておきましょう。

同棲する際に決めておくルール

  • 家賃、生活費の分け方を決めておく
  • 帰る際連絡はきちんとするよう決めておく
  • 家事の分担を決めておく
  • 友達を呼ぶときのルールを決めておく

 

家賃や生活費の折半方法を決めておく

結婚前提でなくても同棲する際に重要なことは、家賃や生活費のやりくりを二人のお財布からどのように賄っていくのかを事前に話し合い決めることです。

最初はお互いを思いやる気持ちから、収入に余裕があるほうが多めに出したりと考えることもあるかもしれませんが、それはあまりおすすめできません。

もしあなたが彼よりも多めに生活費を負担していたら、別れる時に損したような気持ちになる可能性は高いです。

そうならないために、最初から二人平等になるように生活費や家賃の支払い額はきちんと決めておきましょう。

 

帰る時間は連絡するよう決めておく

結婚前提で同棲をするということは、結婚して家族になるための事前の練習でもあります。

一緒に住む家族にとって、出先からの連絡は大切です。

例えば、あなたが晩御飯を作って彼の帰りを待っている間、彼が急な飲み会などで帰りが遅くなったりしたとき、出先からの連絡があるのとないのとではあなたの精神的負担はだいぶ変わるものでしょう。

最初は、事故など心配や不安になるのが、連絡がないことが当たり前になっていくと、自分勝手な彼にだんだん嫌気がさしてくるでしょう。

連絡がないことで、別れにつながることも充分あり得るので、二人で同棲する前には、出先からの連絡は必ず入れるというルールは大事です。

 

家事の分担を決めておく

自分ひとりであれば、忙しい毎日で家事は後回しにしても特に差し支えないことが、同棲することでお互いが気持ちよく生活できるようにするためには、最低限、洗濯や洗い物は散らかる前に片づける必要がでてきます。

何より結婚前提で同棲するということは結婚後の生活のシミュレーションといえるのです。

ただ、お互い忙しい中で気づいたほうが家事をやるとか、彼のほうが帰りが遅いから、あなたのほうに家事の負担が多くかかってきた場合、間違いなく大きなストレスになるでしょう。

結婚前提での同棲だけに、結婚してもこんな生活が続くと考えると、別れを選択したほうが楽に思えるかもしれません。

そうならないために、ゴミ出しや食後の片づけは彼にやってもらうとか、休日は彼に洗濯してもらうなど、同棲する前には必ず家事の分担を決めておくことをおすすめします。

 

友達を呼ぶときは事前連絡と決めておく

結婚前提とはいえ、同棲は他人同士がひとつ屋根の下に住むわけですから、どちらかの友人や家族がふいに訪ねてくることもあるでしょう。

お互い来客を歓迎するタイプであれば問題ないかもしれませんが、プライベートな空間に他人を招くことを嫌がる人もいます。

仕事で疲れて帰ってきたとき、二人の家に彼が勝手に友達を呼んでバカ騒ぎしていたら、余計に疲れを感じて腹が立つこともあると思います。

同棲する際は、お互いの友達付き合いを理解した上で、来客を招く際のルールをしっかり決めておきましょう。

 

結婚前提で同棲したけれど別れる時損しないための方法

結婚前提で同棲しても、同棲したことでお互いの嫌なところばかりが目に付くようになり、最終的には別れてしまうこともあるでしょう。

ただせっかく一緒に結婚まで考えて暮らした仲なので、別れる時に損したような嫌な気持ちで別れたくないですよね。

そこで、同棲解消する際に損しないためにやるべきことをまとめてみました。

結婚前提の同棲で別れる際に損しないためにやるべきこと

  • 二人の貯金の分け方を貯める前に決めておく
  • 部屋を引き払う際の最後の立ち合いは二人でやる
  • 別れることが決まったら出ていく期間を決める

 

同棲中に二人でためた貯金の分け方を決めておく

結婚前提で同棲するとまずは結婚資金を貯めることを考えて、二人で貯金を始めるカップルは多いでしょう。

しかし、別れることになったら、もともと二人の将来のために貯金していたとはいえ、彼がお金にうるさいタイプだったら、貯金が原因でもめることになる可能性は大きいです。

そこで、貯金する前に、保険という意味もこめて、もし別れることになった場合の貯金の分け方も決めておきましょう。

お互いが納得して同棲解消する際は、きっちり二人でわけるとか、もしどちらかに好きな人ができたり浮気が原因だったら、慰謝料代わりとして傷ついたほうが多くもらうなど、様々な設定を想像して決めておくことをおすすめします。

 

同棲解消後に部屋を引き払う際の立ち合いはなるべく二人そろってする

同棲をやめて部屋を引き払う際、賃貸では部屋の使い方によっては、後から高額な修繕費やクリーニング代を請求されることもあります。

彼の部屋のほうが汚れがひどく、予定外の出費を予期失くされた際、彼と連絡がとれなくて、あなたにその負担までかかってきたら、かなり損した気持ちになるでしょう。

そうならないために、最後の業者さんとの立ち合いは二人でそろって進めるか、どうしてもどちらか一人に任せるときは、お互いに部屋の中をくまなくチェックしておきましょう。

 

ずるずる同棲が続かないために出ていく期間を決める

同棲は解消するけれど、住んでいる家は気に入っているから出ていきたくないからと、別れてからもずるずるとお互い住み続けてしまうこともあるでしょう。

もともと好きだった相手が近くにいることで、あなたも安心してしまい、次の恋愛を始める気にはならないでしょう。

それでもし、彼のほうに先に好きな人ができて先に出ていくことになれば、あなたの傷はより深いものにしかなりません。

そうならないために、同棲を解消して別れを決めたら、結婚前提の仲だったとしても、お互いが部屋を出る期限をきちんと決めておきましょう。

Sponsored Link

 

結婚前提で同棲したけれど別れる際の注意点

同棲解消後に別れて、損した気持ちにならないためのポイントを紹介してきましたが、中には、結婚前提で同棲したために予想外のトラブルに巻き込まれ大きく損をした方もいます。

そこで、別れた後にトラブルにならないための注意点を紹介します。

結婚前提で同棲していた彼は私の両親からも信頼されていましたが、彼の浮気が原因で別れてしまいました。別れたことをすぐに両親には言えず、半年くらいして別れたことを報告したら両親から彼がお金を借りていたことが発覚!彼とはすでに連絡がとれなくなっていて、私はいまだに親にまで迷惑をかけたことが情けなく悔しいです。彼との生活は楽しいこともあったはずなのにすべて汚されたような嫌な思い出です。

彼とあなたが結婚前提のお付き合いと聞くと、親は彼のことを恋人以上の家族のような特別な存在に感じて、相手に心を許してしまうことがあります。

別れた後にこうしたトラブルを回避するために、話しづらいことではありますが、別れが決まった時点で家族や周りの友人には伝えておきましょう。

 

同棲を始めてすぐに私が拾った猫を二人で我が子のようにかわいがっていました。けれど、別れることになり、私が猫を引き取るつもりでいたのに、部屋が彼の名義だったこともあり、私は追い出され猫も取りあげられてしまいました。頑張ってペット可の部屋をみつけたけれど、いまだに彼から猫を返してもらえず悔しくて毎日眠れません。

円満に別れられたら、別れた後もペットの様子を知ることはできますが、そうでない場合は、会いたい我が子に会えない辛さしかありません。

二人の問題にペットは関係ないことを二人で事前にしっかり話し合って、別れた後も月に1度は会えるようにするとか、日々の様子を報告しあうなど、ペットを飼う際には別れた後のこともちゃんと決めておきましょう。

 

同棲を結婚前提でしたのに別れる?損しないためのチェックポイントまとめ

恋愛は損得ではかれるものではありませんが、結婚前提で同棲することは、周りにも結婚の意思を伝えていることと同じで、それなりの責任感がともないます。

そのため、別れた時の精神的ダメージは大きいものなので、少しでもダメージを減らすために、すでに同棲を始めているカップルも今回の記事を参考に話し合ってみることをおすすめします。

結婚前提で同棲しているけれど、最近忙しくてお互いゆっくり話し合う時間がもててなかったな。考えたくないけれど別れるだけじゃなく、どちらかが病気になったりして一緒に暮らせなくなることもあるかもしれないから、貯金のこととか今度の休みにでも彼と話しあってみよう。
同棲する前に、もっと二人で話し合っておくべきだったと後悔することは多いな。でもまだ間に合うから、今後の生活のルールとか家族との付き合い方とか二人で相談して決めてみようと思った。
Sponsored Link