同棲の生活費シュミレーションするといくら?初期費用も計算してみよう!

同棲を始めると「生活費」や「初期費用」はいくらかかるのでしょうか?

事前にシュミレーションしておくことで、同棲した後にお金の面で「困った!」ということを防ぐことができます。

 

とは言え、今まで一人暮らしをしていた人であれば、個々の負担はぐっと軽くなりそうですよね。

そこで今回は、同棲の生活費をパターン別にシュミレーションしてみましょう。

今は一人暮らししてるけど、いつか彼氏と同棲できたら良いな〜。
ウンウン、憧れるよね〜。

でも具体的に、どのくらいお金がかかるのかな?

Sponsored Link

 

同棲の生活費と初期費用をシュミレーションしてみよう!

同棲の生活費」や「初期費用」は、家賃によって大きく異なります。

またその家賃もカップルによって状況や収入から、上限額を設定することができるでしょう。

そこで、ここでは手取り収入が18万円のカップルと30万円のカップルの2通りで、生活費と初期費用のシュミレーションをしていきましょう。

 

収入が18万円のカップルの生活費

2人の手取り収入が18万円のカップルの生活費をシュミレーションしていきます。

片方が正社員で片方がアルバイト、はたまた両方アルバイトなど若い世代のカップルの参考になるのではないでしょうか?

項目 費用
家賃 60,000円
食費 30,000円
光熱費 15,000円
交際費 20,000円
通信費 24,000円
雑費 10,000円
合計 159,000円

2人合わせて18万円の収入があれば、毎月の貯金やイレギュラーな出費にも対応することができます。

家賃は収入の3割を意識して60,000円を目安としましょう。

ここで無理をして、7万や8万のお部屋を契約してしまうと、急な出費に対応できなくなり、切り詰めた生活を送ることになってしまいます。

また2人暮らしを初めてすぐは、やり繰りの方法が分からずに、余分なお金を使ってしまいがちです。

念願の同棲で、広いお部屋に住みたい気持ちもあるかもしれませんが、ここは予算重視でお部屋探しをしていきましょう。

 

収入が30万円のカップルの生活費

2人の手取り収入が30万円のカップルの生活費をシュミレーションしていきます。

「社会人カップルの同棲」といったシチュエーションが多いのではないでしょうか。

項目 費用
家賃 100,000円
食費 50,000円
光熱費 15,000円
交際費 35,000円
通信費 24,000円
雑費 20,000円
合計 244,000円

ここでも家賃は収入の3割を指標に100,000円を目安としています。

1LDKや2DKなど、リビング以外にもう1部屋以上あるお部屋に住むことができるでしょう。

 

同棲の初期費用いくらかかる?

同棲をスタートする上で、まず初めに降りかかってくる大きな支出は初期費用です。

お部屋を契約する際にかかる費用や、引越し代、2人の生活に必要な大物家具などの購入費を計算していくと、具体的な初期費用の金額が掴めてきます。

基本的な費用の目安は以下の通りです。

  • 敷金:家賃の1ヶ月分
  • 礼金:家賃の1ヶ月分
  • 家賃(先払い):家賃の1ヶ月分
  • 管理費(共益費含む):約2千円〜1万円
  • 仲介手数料:家賃の1ヶ月分
  • 火災保険:約2万円
  • 鍵交換:約1万5千円
  • 引越し費用:約4万〜8万円
  • 家具(ベッドなど):約5万
  • 家電(冷蔵庫など):約10万円

こちらを元に考えると、家賃が60,000円の場合は初期費用は約50万くらいです。

また家賃が100,000円の場合は約65万円くらいです。

このように同棲をスタートするための初期費用は「家賃の金額」によって、大幅に変動することが分かります。
Sponsored Link

同棲の生活費シュミレーションするといくら?初期費用も計算してみよう!まとめ

同棲の生活費や初期費用は、家賃によって大きく変わることが分かりました。

2人の収入に見合った家賃のお部屋を契約することが、同棲をスムーズに始める鍵となります。

この記事を参考に、みなさんも同棲の生活費をシュミレーションしてみましょう。

同棲するときの「初期費用」って結構かかるのね〜。
本当だね〜。

同棲をスタートする前に、しっかり貯金しておかないと大変だね。

Sponsored Link