同棲の初期費用・家具家電はいくらかかる?二人用の目安と節約のコツも!

同棲を始める前にまず初期費用がいくらかかるのか?一番心配になるのはお金のことですよね。

最低限の家具家電はそろえないといけないし、そもそも二人用だと一人用に比べてどのくらい費用がかかるものなのでしょうか?

今回は初めて同棲するカップルのために、同棲にかかる費用と家具家電をそろえる際に節約になるコツはどういう点にあるのかを紹介します。

彼氏と同棲を始めるんだけど、二人合わせて同棲費用として30万頑張って貯めてきたの!でもやっぱり30万くらいじゃ足りないかしら?どんな家具家電をそろえるべきかも悩むところだから、記事を読んで調べてみよう!
結婚前に一度彼氏との同棲を考えているんだけど、二人ともそんなにお金があるわけじゃないから、なるべく費用は抑えたいわ!同棲の費用を節約するコツなんてあるのかしら?この記事にヒントがあるのか読んでみよう!
Sponsored Link

 

同棲に必要な家具家電の費用

同棲を始めるとき、家賃に加えて、家具家電の費用も考えなくてはいけません。

一人暮らしと比べて、普段の家事の量も2倍になるわけですから、家電も二人用のものを購入することになります。

そこでまず、一番費用のかかる家電が、一人暮らし用と二人用とでどのくらい価格の差があるのか?また一人用でも問題なく使える家電はどれかを紹介します。

 

二人用の家電と一人用の家電の価格差

  • 結構予算がかかる冷蔵庫
  • 次にお金のかかる洗濯機
  • あると便利な電子レンジ

 

家電の中で費用がかかる冷蔵庫

冷蔵庫は平均的に一人暮らしだと容量170Lで、これに家族の人数をかけていけば、だいたいの必要な容量の目安になると言われています。

一人暮らし用であれば170Lほどで安くて1万以内で購入できるものもありますが、二人用で容量が340Lからのものだと安くても2万以上はかかります。

ですが、例えば二人とも外食が多くて普段あまり家で食事をしない生活スタイルであれば、一人暮らしサイズでも間に合うこともあるので、少しでも費用を抑えたいなら、二人の生活スタイルから相談して決めるようにすることをおすすめします。

 

続いて高額家電の洗濯機

次に同棲する際、最低限そろえたい家電の洗濯機は、縦型とドラム式が主流ですが、ここでは、費用の安い縦型について説明します。

一人当たりの一日の洗濯物量は約1.5㎏といわれています。

同棲すると当然洗濯物量は2倍で3㎏、さらにタオルなどその他の洗濯物も加えると、だいたい6㎏洗える容量が必要です。

そのため、お値段も2人以上となると最低でも1万以上は高くなります。

ただ、こうした生活家電はモデルチェンジも早いので、次期を見て、量販店の歳末セール時などを狙って購入すると元値の半額以下で買えたりすることもあるので、買うタイミングをチェックしておきましょう。

 

あると便利な電子レンジ

同棲すると、あなたか彼かどちらかが食事を用意しておく機会も増えるでしょう。

その際、欠かせないのが冷えた料理を温めてくれる電子レンジです。

電子レンジの場合は容量よりもその電子レンジの機能によって値段が変わってきます。

なので、一人用と二人用での価格の差はありませんが、オーブン機能がつくとかなり金額はかわってきます。

電子レンジ機能のみだと安いもので5000円台から、オーブン機能がつくと1万円以上は必要なので、そこは、あなたや彼が料理好きかどうかで話し合って決めるとよいでしょう。

 

同棲に必要な最低限の家具の費用

家電に続いて同棲に必要な最低限の家具にかかる費用を調べてみました。

家具と一言で言っても色々ありますし、値段も様々なので、こちらは節約できる家具について紹介いたします。

同棲の初期費用を節約可能な家

  • 形や素材などにより価格も様々なソファ
  • ベッド派か布団派でも費用がかわる
  • カーテンはお互いの意見を尊重する

 

家具の中で難しいのがソファ

同棲する部屋に、ゆったり彼と一緒にくつろげるソファが欲しいという女性は多いものです。

ソファにかかる費用は、安いものだと5000円以下のものもあれば、材質やデザインにこだわったものだと2人用でも10万以上するものもあり、実は一番難しいのです。

ソファ一つでお部屋の印象もガラリと変わるくらいですから、同棲費用を節約第一で考えて、でもおしゃれにしたい!という場合は、リサイクルショップなどで探してみるのも一つの手です。

 

ベッド派か布団派

同棲するにあたり、寝具は寝室を一緒にするか別々にするかで悩むくらい大事なところでもあります。

例えば、あなたがベッド派で、彼が布団派だった場合、寝室が一緒だとベッドの隣で布団を敷いて寝られると、なんだか落ち着かないなんてこともあるかもしれません。

実際、ベッドも布団もシングルよりダブルのほうが費用はかさみますが、布団は狭い部屋でもたたんで収納できることと、ベッドより比較的安く購入できます。

もし、同棲する際寝具に悩む場合は、部屋の広さや二人の就寝時のスタイルから相談して決めることをおすすめします。

 

意外と重要なカーテン

カーテンは遮光性の素材のものや、現在は花粉や外のホコリを遮断する機能性の高いものなどがあり、お値段もサイズによってもかわりますが、安ければ2000円以内に収まるものから、5万以上するものなど様々です。

ただカーテンもソファと同じく、色やデザインでお部屋の印象をかなりかえてしまいます。

実際、普段何も口出ししない彼が、同棲する際カーテンでもめてケンカになったというケースもあります。

かかる費用も大事ですが、二人で納得できるデザインのものを選べるように、普段から彼とあなたの間で理想のお部屋をシミュレーションしておくとよいでしょう。

 

同棲には初期費用は家具家電含めていくらかかる?節約方法は?

実際同棲を始めているカップルの皆さんは、初期費用は家具家電をふくめていくらくらいかかったのでしょうか?また、上手な節約方法などお話を聞いてみました。

いきおいで同棲したので、彼も私もお部屋の敷金礼金を支払ったら、ほとんど余裕はありませんでした。でも、彼が一人暮らしだったので、家具や家電はそろっていたので助かりました。もちろん理想のお部屋には程遠いものだったけれど、二人で生活しながらお金を貯めて、少しづつ買い替えていきました!最初から無理して理想に近づけようとするより、お互い努力して少しづつ理想に近づいていくのもありだと思います!
付き合ってすぐに同棲するつもりで貯金していたので、同棲するときには費用は50万くらい貯まっていました。でも、部屋を彼女の希望で少し家賃オーバーの物件に決めたんです。敷金礼金を支払うと残りは10万も満たなくて、家電はレンタルがあると知りそれでどうにかなりました。初めての同棲で浮かれてしまっていました。これから同棲を始める方は先の生活も考えて冷静に物件探しをすることをおすすめします!

同棲するということは、二人で新しい生活を始めていくわけですから、最初から無理をして理想ばかりを押しとおすようなやり方は良くないということですね。

 

同棲の初期費用・家具家電はいくらかかる?二人用の目安と節約のコツも!まとめ

同棲の初期費用は平均で30万くらいと言われていますが、実際は家具家電を買わずに済めば、もっと節約できる方法もありますし、同棲するからと言って、家具家電も無理して二人用を購入しなくてもよいのです。

二人の生活スタイルや収入、将来のことも考えながら、相談し合って助け合いながら、同棲の準備をしていくことが大事なのです。

なるほど、30万でも家賃や家具家電で節約できるところを抑えれば、充分同棲できそうだわ!ソファは古いけれど私の今使っているものでもいいわけだし、気に入らなかったらお金を貯めて買い替えればいいし!早速彼と物件探しに行ってみよう!
そうね、同棲は二人で生活を始めていくわけだから、今は我慢してまずはお金を貯めることから始めよう!でも、節約方法もなんとなくわかったし、30万くらいなら頑張ればすぐ貯まりそうだから、この機会に彼ともしっかり話し合ってみよう!
Sponsored Link