同棲の初期費用は最低限で抑えるといくら?平均は?負担割合は折半で良いの?

Sponsored Link


彼氏と同棲生活を始めるときに気になるのが初期費用です。
そんなに貯金がないから、初期費用は最低限に抑えたい!
同棲を始めたほかのカップルは平均いくら位かかったの?
支払いの割合はどうする?ふたりで折半が普通?

今回は同棲生活を始めるときに最低限かかる初期費用と、それぞれの平均金額について解説します!

Sponsored Link

 

同棲生活をはじめるときに初期費用は最低限でいくらかかる?

ふたりで新たに家を契約してから同棲生活を始めるという方は、必ず初期費用がかかります。

初期費用を大きく3つに分けてみましょう。

マンション契約に関わる初期費用(敷金礼金など) 約30万円~50万円
引越し会社に支払う引越し費用 約6万円~10万円
家電や家具を購入する費用 約20万円
これらを合計すると、初期費用は最低限でも平均50万~60万円はかかるということですね。

 

マンション契約にかかる初期費用

マンション契約にかかる初期費用の平均は30万円~50万円です。

マンションを契約するときには敷金、礼金、仲介手数料を支払わなければいけません。

敷金礼金は家賃の2か月分、仲介手数料は1か月分などと決まっていることが多いので、家賃によってその金額も変わってきます。

 

ちなみに敷金は退去の時に修繕等が無ければ返ってくるお金ですが、礼金は返ってきません。

マンション探しの時には、礼金の金額に注目すると初期費用を抑えられることもあります。

最近では敷金礼金ゼロとうたっている物件もありますので、運よくそんな物件に巡り合えればラッキーです。

 

引越し費用

引越し費用は、引越しの距離や荷物の量で料金が大きく変わりますが、平均して6万円~10万円です。

トラックの大きさで料金が決まる引越し業者が多いので、自分たちで運べるものは運び、小さなトラックで収まるようにすると節約になります。

車がなければレンタカーを借りるというのもひとつです。

他に節約術として、彼と同じ引越し業者に頼んで少し値引きをしてもらうという人もいます。

いまでは多くの引越し業者があるので、何社かに見積もりをとり金額を比べてみましょう。

 

家電、家具を購入する費用

こちらも自分たちがどんなものを揃えるかによって金額が大きく変わります。

ふたりですべて新しく買いそろえるという場合は20万円ほどかかるでしょう。

 

つい新しい家具家電を揃えたくなりますが、なかなかそこまで捻出できないのが現実。

ひとまず最低限、必要なものから揃えるようにしましょう。

 

どちらかが一人暮らしをしていたという場合は、使っていたものをそのまま使うようにすると大きな節約になります。

ただしベッドはふたり用に買い替えたり、冷蔵庫や洗濯機も容量の大きなものに買い替える必要が出てきます。

Sponsored Link

 

支払いの負担割合は彼氏と彼女、折半がふつう?

気になる支払い割合ですが、彼氏と彼女で折半して支払うというカップルが多いです。

大きなお金ですので、トラブル防止のためにも折半がスムーズなようですね。

しかし彼氏と彼女で収入に大きな差があるカップルの場合は、多い方が70%、少ない方が30%などと収入に合わせて負担割合を変えて支払っているカップルもいます。

POINT

トラブルにならないために気を付けたいポイント

初期費用の支払いについては、金額が大きいだけに後々トラブルにならないように注意が必要です。

  • 同棲を解消したときに契約したマンションはどうするかを話し合っておく。
  • 支払った初期費用の金額や負担割合を記録して残しておく。

同棲を始めるときにあまり考えたくないことではありますが、万が一、別れたり同棲解消になった時のために話し合っておくと安心です。

 

まとめ

同棲生活を始めるには、思っている以上にお金がかかることがわかりました。

上述した金額は最低限なので、物件の条件や引越し時期、家具や家電がどれくらい必要なのかによって、もっと高額になる場合もあります。

 

これほどお金のかかる同棲を、無計画にいきなりスタートさせるのは難しいでしょう。

同棲を考えはじめたら、初期費用のためにふたりで少しずつ貯金をするというのがいいかもしれません。
ふたりでしっかり話合い、計画的に進めていきましょう。
Sponsored Link