同棲の間取りは3dk?2ldk?おすすめの広さと使い方!寝室は一緒が良い? 

彼氏と同棲するなら間取りは2dk以上欲しいと考えるカップルが多いと思います。

彼氏とはいえ他人と同居するわけですから、最低限プライバシーは保ちたい、そうすると2dkでもせまいのかな?と悩むカップルもいるでしょう。

今回は彼氏と同棲するにちょうどいい間取りは2dkなのか?3dkくらいの広さがいいのか?また寝室は一緒にすべきか別々にすべきかをそれぞれのメリットデメリットをもとにまとめてみました。

彼氏と同棲を考えるけど、やっぱり間取りが大事よね。実際2dkだと狭いのかしら?いろいろ調べて参考にしてみよう。
もうすぐ同棲をする予定だけれど、部屋の間取りや広さで彼氏と意見があわなくて悩み中。この記事に何かいい解決策はないかしら?
Sponsored Link

 

同棲するなら間取り2dkのメリット

彼氏とはいえいきなり他人と同居するので、間取りは1dkより2dkくらいの広さは欲しいですよね。

まずはカップルの同棲に理想的な間取りは2dkなのか?メリットはどういうところにあるのかを紹介いたします。

同棲の理想の間取りは2dkのメリット

  • 同棲に必要な間取りは2dkなのはプライバシーの確保
  • 同棲に必要な間取りは2dkなのは収納の多さ
  • 同棲に必要な間取りは2dkなのは友達も呼べる

 

同棲するなら間取り2dkはプライバシーがある

同棲に理想な間取りは2dkと言われるのは、部屋が2部屋以上あればプライバシーが保てるのでお互いのストレスが軽減される点です。

例えば、ケンカしても1部屋だけだと相手の顔もみたくないのに居場所がなくて気づまりな思いをするものです。

また、インテリアなどお互いの趣味で自室を飾ることで、仕事で疲れて帰ってきたときなど精神的にリラックスもできるでしょう。

 

同棲するなら間取り2dkは収納にゆとりがある

同棲するなら間取り1dkより2dkのほうが確実に収納スペースは確保できます。

もし、あなたや彼氏のどちらかが荷物が多い場合、1dkだと人と荷物であふれて、せっかくの大好きな彼氏との同棲生活もストレスでしかないですよね。

2dkでも間取りによって部屋の広さもちがうので、お互いの荷物の分量をあらかじめ決めておいて、部屋の割り振りをすると快適な同棲生活が送れるでしょう。

 

同棲するなら間取り2dkは来客にも対応

同棲すると自宅への来客も、あなたの友達や家族だけではなくなります。

間取り2dkでそれぞれの部屋があれば、お互いの友達が遊びに来ている際、リビングに来客がいても、自室があれば急な来客にも対応できます。

ただし、相手を気遣わずに遅くまで友達と盛り上がったり、毎日のように来客がいては、どちらかに必ず負担がかかるので、来客を呼ぶ際のルールは、最初に二人で話し合って決めておくことをおすすめします。

 

同棲するなら間取り2dkのデメリット

同棲の間取り2dkのメリットを紹介してきましたが、やはりカップルの同棲において2dkの間取りに、次のようなデメリットといえる場合もあります。

同棲する間取り2dkのデメリット

  • 同棲する間取り2dkは家賃が割高
  • 同棲する間取り2dkは気持ちが離れやすい
  • 同棲する間取り2dkは荷物が増える

 

同棲するなら間取り2dkは家賃が高い

同棲は結婚とはちがうので、基本的な生活費として家賃は半々の支払いになるカップルが多いと思います。

当然1dkより2dkのほうが、2dkより3dkのほうが間取りが広くなればなるほど家賃も高くなります。

2dkの間取りにこだわる前に、お互いの生活費にかかる収入支出を事前に相談しておかないと、月々の家賃で苦しむ可能性がでてきてしまいます。

同棲は現実の生活を二人で送ることになるので、長い目でみて理想と現実に折り合いがつく家賃と部屋の広さで物件は決めましょう。

 

同棲するなら間取り2dkは別れやすい

間取り2dkはプライバシーが保てることがメリットと紹介しましたが、逆にプライバシーが保たれすぎて気持ちが離れてしまうこともあります。

例えば、彼氏の趣味がゲームなど自室にこもることが多ければ、一緒に生活していても顔をあわせる時間がないと別居していることと変わりはありません。

同棲前は好きな人との時間に終わりがあるのでその時間が貴重に思えていたのが、同棲するといつでも一緒にいられるという安心感から特別二人の時間をもつという意識が薄れてしまいます。

必ず休日の食事は一緒に食べるとか1日1回は顔をあわせるなど、危険性があるカップルはあらかじめ決めておくことが大切です。

 

同棲するなら間取り2dkは荷物が多くなる

同棲するとどうしても一人の時より荷物は増えるので、間取り2dkもあれば十分かとは思います。

しかし、収納スペースが増えることで、安心して荷物が増える可能性も同時にでてきてしまいます。

もし、カップルのどちらかか、もしくはお互いに何かコレクションする趣味があったり、ファッションが好きだったりする際は気をつけましょう。

相手の生活スペースまで荷物が占領するようになっては、お互いにとってストレスやケンカの原因になりかねません。

自分の収納スペースがうまってきたら、荷物を増やさないようにするとか整理整頓するなど最低限のマナーが必要です。

Sponsored Link

 

同棲するなら3dk?2dk使い方と広さ寝室は一緒がいい?

同棲する際、部屋の使い方や寝室を一緒にするか別々にするかも悩みますよね。

2dk以上の間取りでも広さもそれぞれでしょうから荷物が多いほうが広い部屋がいいのか、寝室が一緒ならベッドはどこに置くかとか悩みはつきないでしょう。

そこで、実際同棲している方にどうしているのか聞いてみました。

 

同棲するなら間取り3dk?2dk使い方は?寝室は個室がいい

部屋は3dkくらいが欲しかったけれど家賃の問題で2dkに住んでいます。彼氏のいびきがすごいことを同棲前から知っていたので、最初から寝室は別々です。そのほうが彼も私に気を使わずにすむし、私もいびきに悩まされることはないので。睡眠は健康にもかかわってくるのでそこは二人で最初にしっかり話しあいました。また、私がベッド派で彼は布団派なので私のほうが少し広めの部屋を自室にしています。

いびきや歯ぎしりなど、寝ている間の行為は無意識にやってしまう癖なので仕方のないことといえます。

同棲する前に、冷静にお互いの睡眠の際の癖も話し合って、寝室問題を決めることは物件を決める以上に重要でもあります。

また、寝具の好みによって部屋の使い方もそれぞれ変わってくることはあるので、家具を運ぶ段階でお互いの部屋の割り振りを決めることも大切です。

 

同棲するなら3dk?2dk使い方は?寝室は一緒がいい

彼氏が家で仕事をしているので仕事部屋も考えて3dkのマンションに住んでいます。同棲前は寝室は別々と考えていたんですが、お互い映画が好きなので、寝室に大きなテレビを置いて映画観賞用にしたら結局寝室は一緒になりました。ベッドがないから部屋が広くなったので、大きな本棚を買って大好きな漫画や本を並べて二人で漫画喫茶みたいに使ってます。

同棲するうえで、二人に共通の趣味があれば、趣味で使える部屋があるのも楽しみが増えて良いものです。

寝室は最初別々をと考えるカップルも多いようですが、生活リズムや部屋の使い方次第で一緒にしたり別々にしたりと実際住んでみてから考えるという方法もおすすめです。

 

まとめ

同棲の間取りの理想は2dk以上ですが、一番はお互いの生活スタイルにあわせた部屋の使い方にあるということがわかりました。

同棲にはあこがれもありますが、同棲がスタートするとそこに待っているのは日常の生活だということを忘れず、間取りだけではなく家賃や生活費など事前にしっかりと二人で話し合って決めていくことが大切です。

同棲する間取りはやっぱり2dkだな。今回の記事を参考に、彼氏と家賃や生活費なんかを相談して一度実際の物件を探しにいってみよう。
家賃を考えると間取りの広い部屋に住むなら、同棲は無理かなと思ったけれど、彼と生活リズムが逆になることもあるので、部屋は2dkもいらないかもしれないと思えてきたわ。無理せず自分たちのできる範囲で考えてみよう。
Sponsored Link