同棲の挨拶の手土産おすすめは?セリフ(言葉)とタイミングはどうする?

恋人とのお付き合いがある程度長くなってきたら、同棲にステップアップするカップルは多いですよね。

同棲に挨拶が必要なの?と驚かれる方もいらっしゃいますが、「結婚を見据えた同棲」というのが一般的な認識。

そうなるとやはりご両親への挨拶は必須なのです。

 

そして挨拶に行くときに誰もが迷う問題、それは「手土産」です。

何を手土産に持って行けばご両親に喜ばれる?
渡すタイミングや添えるべきセリフ(言葉)は?

今回はおすすめの手土産と、手土産を渡すタイミングとセリフ(言葉)について解説します。

 



同棲の挨拶におすすめの手土産をご紹介!

同棲の挨拶の時に持参されるおすすめの手土産を具体的にみていきましょう。

菓子折り

いちばん選ばれることが多い手土産が菓子折りでしょう。

洋菓子や和菓子など選択肢はたくさんありますが、どちらが良いかは相手の好みをリサーチすると選びやすくなります。

また極力日持ちするものを選んだり、個包装になっているものを選ぶなどの気遣いがあると、より良いでしょう。

 

お酒

お酒を飲む男性は、自分が好きで人にもおすすめしたいものを選んだり、人気のものがわかるので選びやすいですね。

お酒は安価なものから高価なものまで幅広いですが、手土産の場合は安価なもので十分です。

相場はだいたい2000円~3000円で良いでしょう。

 

果物

甘いものが苦手だったり、お酒が飲めない場合には果物がおすすめです。

ただ、こちらもあからさまに高級な果物は、かえって気を遣わせてしまうので避けましょう。

その季節によって旬の果物を選ぶと、比較的安価に美味しいものを購入することができますよ。

 

紅茶やハーブティー、お茶など

食べ物やお酒は好みがありますが、万人受けする紅茶やお茶はおすすめ。

少しお高めのものや、有名なお茶屋さんのものだと尚喜ばれるでしょう。

 

花束

食の好みなどがまったくリサーチできない場合におすすめなのが、花束です。

 

お父さん向けではないかもしれませんが、お母さんはきっと喜んでくれるはずです。

華やかな色合いのものを選ぶと、その場の雰囲気もパッと明るくなりますよ。

彼氏、彼女が地方出身の場合は、その土地の名産品を手土産にするのもひとつ。出身地を知ってもらうきっかけになったり、話が盛り上がりますよ

 

手土産を渡すタイミングはいつ?渡し方のマナーも!

手土産を渡すタイミングも難しいですよね。

一般的に手土産は玄関ではなく、部屋に案内されて席に座る前や、席について少し落ち着いたところで渡すのがベストタイミングです。

POINT

手土産を渡すときに注意したいマナー3点!

  • 紙袋から必ず出して渡しましょう。
  • 手土産の向きに注意して、正面を相手に向けて渡しましょう。
  • ご両親が揃われている場合は、お父さんに渡すことが一般的。

 


手土産を渡すときに添えるべきセリフ(言葉)とは?

手土産を渡すときに、無言で渡す人はいませんよね。

かといって何と言えば正解なのでしょう。

 

良く用いられるセリフ(言葉)をご紹介します。

「お好きだと伺ったので」 事前に好みをリサーチした場合に使いましょう。
「私の地元で有名な○○です」 地元の特産品を手土産にすると話が盛り上がります。
「美味しいと人気なんです」「流行っているんです」 話題になっているものだと話のネタにもなります。
「つまらないものですが……」 これはNG!謙遜のつもりでも良い印象ではありません。

 

まとめ

こういった体験は何度もするものではないので、その分とても緊張しますよね。

でもその緊張感はとても大切。あなたの真面目さがご両親に伝わり、好印象になることもあるんです。

あまり気負いせずに、一生懸命向き合うことがなによりも大切です。

 

合わせて、今回ご紹介したおすすめの手土産、渡すタイミングやセリフ(言葉)を参考にして、ご両親とより良い関係を築いていきましょう!


初対面なのでマナーはとても大切!でもそれ以上に彼氏、彼女への真面目な思いを伝えることが重要です。