同棲を結婚前提でしたい!適切な期間は?挨拶は必要?

最近、結婚前提の同棲をするカップルは増えてきています。

結婚を同棲のゴールとした場合に適切な期間はあるのでしょうか?

また同棲を結婚前提として考えた場合、お互いのご両親への挨拶は必要でしょうか?

そこで今回は、結婚前提の同棲をするときに「適切な期間」と「ご両親への挨拶が必要かどうか」まとめていきましょう!

実は、今の彼氏と結婚を前提に同棲しようかと思うの……

でもダラダラ同棲して婚期を逃しちゃう気もして悩んでるんだよね。

うんうん、それなら同棲の期間を決めた方が良いかもね。
Sponsored Link

 

結婚前提で同棲するときに挨拶は必要?

結婚をゴールに同棲をしようと思っているふたりであれば、お互いのご両親への挨拶は欠かせないでしょう。

真剣な思いでふたりの将来を考えていればこそです。

また挨拶をするときのあなたたち次第で、ご両親から同棲自体を反対されるか、賛成してもらえるか、全く変わってきます。

 

挨拶をしないという選択をしたカップルの中には「親に反対されたらどうしよう…」という考えの方がほとんどではないでしょうか。

ですが、あなたたちが真剣に結婚したいと考えているのであれば、お互いのご両親から許可をもらった上で、堂々とした気持ちで同棲をスタートするほうが安心して交際を続けられます。

それでも、挨拶のときにご両親からの反対や批判される心配があれば、指摘されそうな項目を洗い出して、事前にふたりでイメージトレーニングをしておきましょう。

ふたりで協力して問題を解決することで、同棲を前に、あなたたちの絆もより一層深まるはずです。

Sponsored Link

 

挨拶が済んだら結婚前提で同棲する際の適切な期間は?

ダラダラと同棲期間を長引かせてしまうと、結婚するタイミングを逃してしまうと言われています。

真剣に結婚を考えているのであれば、同棲をスタートする前に、結婚までの期間をパートナーとふたりで決めておきましょう。

ここでのポイントは具体的な日付まで決めてしまうことです。

 

抽象的な言葉で期限を設定してしまうと、喧嘩のタネになってしまいます。

例えば「彼女の仕事がひと段落したら」や「ふたりの生活が落ち着いたら」は辞めて、「彼女の来年の誕生日まで」や「1年後の○月○日」など明確な期限を設けましょう。

また同棲を経て結婚したカップルに多い同棲期間は1年〜3年です。

 

そこで、以下の2つに分けて、その理由を詳しくみていきましょう。

  • 結婚前提の同棲期間(1年〜2年の場合)
  • 結婚前提の同棲期間(2年〜3年未満の場合)

あなたたちカップルは、どちらのパターンが上手くいきそうですか?

 

結婚前提の同棲期間(1年〜2年の場合)

結婚をゴールに同棲をする場合は、1年〜2年をカップルとして共に過ごしたいという意見が多くあります。

これは、結婚前提とした場合、お互いのライフスタイルを擦り合わせていくのに必要な期間と言えます。

 

結婚前提の同棲期間(2年〜3年未満の場合)

2年〜3年未満の同棲期間を設ける意味は、パートナーの嫌なところを見ておくためです。

一緒に生活をすることで、今まで知らなかった相手の嫌なところ、駄目なところが見えてくるはずです。

 

ですが、1年程度では「同棲をしている」という嬉しさが勝り、フィルターがかかって、実際より良く評価してしまうことも。

結婚してから「別れたいレベルの無理な癖」などに気がついてしまうと、別れるのも、結婚を続けるのも大変なことです。

そのために、相手の欠点が許せるレベルなのかを把握しておくことは非常に重要です。

 

同棲を結婚前提でしたい!適切な期間は?挨拶は必要?まとめ

結婚前提で同棲を考えているカップルであれば、お互いのご両親への挨拶をして、堂々と同棲を始めましょう。

その際、同棲の適切な期間は「1年〜2年」「2年〜3年未満」という意見があることが分かりました。

この記事を参考に、あなたたちカップルに適切な期間を見極めていきましょう。

わたしたちはまだ付き合ったばかりだから2年は同棲しようかな。
うんうん、相手の欠点も許せるような関係になれたら良いよね。
Sponsored Link