彼氏ができない!大学生なのに恋人がいなくて不安ならすること10選

大学生になったら自然と彼氏ができると思っていたのに、なかなか彼氏ができないと焦って不安になりますよね。

そこで今回は、大学生なのに彼氏ができない不安な気持ちを持つ女子がする10のコトをまとめていきます。

せっかく大学生になったのに、彼氏できないまま社会人になったらどうしよう……
大丈夫、焦らないで彼氏作る方法を考えていこう!

 



彼氏ができない不安な大学生がする10のコト

大学生のうちに彼氏が欲しいという強い気持ちがあれば、必ず彼氏と楽しいスクールライフが送れます♡

そのために必要な10のコトを見ていきましょう。

 

清潔感のあるファッション

彼女にする女の子には、個性的なファッションや露出の激しい服装はして欲しくない男性が一般的です。

特に露出の激しい服装は、チャラい女子という悪評価を受けてしまい彼女候補から外されてしまいます。

まずは、一般的な男性の好みに寄せたシンプルで清潔感のある服装を基準にあなた自身の服装を見直していきましょう。

 

艶のある髪を作る

毎日コツコツお手入れをして、サラサラで艶のある髪を手に入れましょう。

髪がボサボサで艶がないと不潔感が出てしまいます。

日々のケアを積み重ることが大切ですので、思い立ったら即髪のケアを始めましょう。

 

ネガティブな発言はしない

悪口や文句を言っている人の顔は、世界で一番不細工なんです。

また悪口は聞かされる側にも負の感情を押し付けることになり、気持ちの良い話題ではありません。

人間は笑顔でネガティブなことは言えないので、悪口を言いそうになったらすぐに「笑顔」を作りましょう。

 

自分のことを否定しない

男性は「わたしなんて〇〇だから」とマイナス思考な発言ばかりする女子が嫌いです。

何故ならそれを言われた男性は、全力でフォローして女子のご機嫌取りをしなくてはいけません。

たまに見せる弱さであれば可愛いのですが、「わたしなんて〇〇だから」が口癖であればすぐ辞めましょう。

 

積極的に自ら声をかける

男性からのリードを待つだけで、あなたが受け身の姿勢では男性側も手応えがなくカップル成立に結びつきません。

どうしても自分から声を掛けられないという女子は、ニコニコと笑顔で話しを聞くなど、男性が安心して話しかけられる雰囲気作りをしましょう。

 

笑顔で会話をする

せっかく男性から声を掛けてもらってもブスッと無愛想にしていては、もう2度と相手にしてもらえないかもしれません。

あなたが笑顔で会話をすることで、男性は「また話したいな」「俺と一緒にいて楽しいのかな」と期待します

あなたが笑顔でいるだけで、声を掛けてくれる男性はずっと増えるはずですよ。

 

大学のサークルに入る

以下の2つを守るだけで、彼氏ができる確率はグッと上がります。

  • 大学のサークルに入る
  • 飲み会やイベントには全て参加する

 

バイトを始める

同年代の男女が多い職場を狙ってバイトを始めましょう。

仕事を教えたり教わったりするバイトでは、先輩と後輩が付き合うパターンを良く聞きます。

バイト先で仕事ができる先輩はカッコ良く見えて、一生懸命仕事を覚えようとする後輩のあなたは可愛く見えるものです。

信頼関係から恋愛関係に変わることも期待できます。

 

他校の文化祭に行く

大学の授業やサークル、バイトでも出会いがなければ、他校の文化祭に出かけてみましょう。

文化祭には「出会い」を目的に参加する人が多いので、タイプの男性を見つけたら積極的に声を掛けましょう。

 

就職活動で連絡先を交換する

就職活動の場では、面接やグループワークなど、学生同士で協力して課題をこなす場面が生まれます。

また企業からの指示で、学生同士が自己紹介をして、就職活動の情報交換として雑談もするでしょう。

就職活動は、自然に男性との接点が持てる場なので、帰り際にさり気なく連絡先を聞いてみましょう。

 

まとめ

大学生は「彼氏ができない」と嘆く前に、できることが山程あることが分かりました。

この記事を参考に、彼氏ができない大学生活を脱却して、彼氏とのラブラブライフを満喫しましょう♡

どこかサークルに入ってみようかな。
良いね、わたしもサークルで今の彼氏を見つけたよ♡