彼氏に冷めた時のうまい別れ方は?体験談5選

Sponsored Link


彼氏に対して気持ちが冷めたと感じると、無理してお付き合いを続けていても辛く苦しいだけですよね。

彼氏に気持ちが冷めたことを感じさせなるべく傷つけないような別れ方はあるのでしょうか?

今回は彼氏に対して気持ちが冷めてきたとき、体験談をもとにうまい別れ方を紹介いたします。

彼氏に冷めたと直接言えないから、なるべく傷つけあわないような別れ方があれば教えてほしい
これまでも何度か彼氏に冷めたと伝えようとしてなかなかできなかった。うまい別れ方の体験談ならぜひ聞きたい
Sponsored Link

 

彼氏に冷めた時のうまくない別れ方

大好きだった彼氏のとの関係も、別れ方次第では嫌な思い出になってしまうものですよね。

まずは彼氏に冷めた時の別れ方の失敗例を紹介しますので、こちらを参考に良い別れ方にもっていけるようにしてください。

彼氏に冷めた時の別れ方失敗例

  • 彼氏に冷めた時の別れ方失敗例はメールや電話を無視し続ける
  • 彼氏に冷めた時の別れ方失敗例は約束をドタキャンする
  • 彼氏に冷めた時の別れ方失敗例は内緒で出ていく

 

彼氏の冷めた時のうまくない別れ方はメールや電話にでない

彼氏に冷めたからといって、一方的に電話やメールを無視したりする別れ方は失敗するパターンです。

あなたと急に連絡がとれなくなったことで、彼氏は心配してあなたの友達や周りの人に連絡をとろうとするでしょう。

あなたの彼氏への気持ちが冷めたから別れたいという理由だけで、周りの人にまで迷惑をかけてしまいます。

音信不通になるという別れ方で自然消滅をはかろうとするのはやめましょう。

 

彼氏に冷めた時のうまくない別れ方は約束をドタキャンする

彼氏に冷めた時のうまくない別れ方は約束をドタキャンすることです。

確かに、デートの前日にドタキャンばかりする彼女を好意的に思い続ける男性はいないものです。

しかし嫌われる以上に「嫌な女」「マナーの悪い女」として、彼氏以外の周りの人にまであなたのイメージは悪くなる可能性もあります。

最低限のマナーとして彼氏に冷めたからと言って、ドタキャンを別れ方に選ぶのはおすすめしません。

 

彼氏に冷めた時のうまくない別れ方は黙って出ていく

彼氏と同棲していたり半同棲状態だった際、彼氏に冷めたからと言ってこっそり出ていくような別れ方もよくありません。

彼氏が暴力をふるったり金銭的にだらしがなかったりという、どうしようもないダメ男であればそういう別れ方もありでしょう。

しかし彼氏が特に問題のない性格で、ただあなたの気持ちが冷めただけという理由で別れたい場合はちがいます。

同棲までしているのであれば、生活費や何かしら共有していたりするものです。

同棲していた際の別れ方こそきちんと相手にむきあって話し合いをもってから別れるようにしましょう。

Sponsored Link

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方をする方法体験談5選

彼氏に冷めた時、彼氏をなるべく傷つけずにお互い納得できる方法で良い別れ方をした人もいます。

失敗例に続いて、別れ方の成功例を紹介いたします。

彼氏に冷めた時のうまい別れ方体験談5選

  • 彼氏に冷めた時のうまい別れ方は感謝の気持ちを持ち続ける
  • 彼氏に冷めた時のうまい別れ方は正直に好きな人ができたと伝える
  • 彼氏に冷めた時のうまい別れ方は気持ちをはっきり伝える
  • 彼氏に冷めた時のうまい別れ方は気持ちを込めたメールを送る
  • 彼氏に冷めた時のうまい別れ方は二人でとことん話し合う

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方は感謝の気持ちだけを伝える

彼氏に冷めたから別れたいと伝える前に、彼氏とのこれまでを思い返してみました。嫌なこともあったけれど、結局いい思い出のほうが多かった。だから別れ話をしても、悲しさや辛さよりありがとうのほうが大きくて、彼も最後は泣いていたけれどありがとうと言ってくれた。

別れ話と聞くとマイナスなイメージが大きいですが、二人の関係にたいする一つの区切りと考えるとプラスにもとらえられます。

これが彼氏との最後でもう会うことはないと考えれば、不平不満よりも感謝を先にもつでしょう。

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方は正直に好きな人ができたことを伝える

彼氏に冷めた時、冷めた理由が同じバイト先の先輩にすでに気持ちがむいていたから。最初は、彼氏もすごくショックをうけて責められたけれど、彼氏を好きになった時のように先輩のことを真剣に好きだから、別れてほしいと伝えると、最後は頑張れよと言ってくれた。

彼氏に気持ちが冷めた理由が他の人を好きになった場合は、正直に話すことが良い別れ方です。

変にウソをついたりして、後から彼氏にバレてしまった際、彼はあなたにもしかすると二股をかけられていたなど誤解を抱かせる場合もあります。

後腐れない別れ方にするために、好きな人に向き合うためにあなたと別れるという気持ちを正直に伝えましょう。

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方ははっきり気持ちを伝える

彼氏に冷めたと気づいた時、もう好きじゃなくなったし、このまま付き合っていてもあなたに気持ちが戻ることはない。いままで付き合ってくれてありがとうと厳しいかもしれないけれど直接はっきり別れを伝えた。彼も最初はショックを受けていたけれど、私にはっきりフラれて逆に吹っ切れたと言ってくれました。

復縁をにおわすことなくはっきりきっぱり伝えることも良い別れ方のひとつです。

はっきり伝えることは付き合いが長ければ長いほど難しくなるものですが、ここは情に流されず相手と向き合うことが大切です。

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方はメールで気持ちを伝える

遠距離の彼氏へ気持ちが冷めた時、会いに行けなかったのでメールで別れることをにしました。一緒に遠距離恋愛を頑張ってきてくれたこと、だけど私のほうが気持ちが冷めてしまったことのお詫びをこれまでの感謝の気持ちをこめて送りました。お互い前を向いて進むために相手の連絡先を消すことで終わりにしました。

彼氏に冷めた時のうまい別れ方として、彼氏となかなか会う機会が持てない状況の場合は、このようにメールで気持ちを伝える方法もあります。

メールだと相手の反応がわからない分、文章には充分気を付けましょう

また、この女性のように、最後お互い前を向いていく!未練を断ち切る!というために連絡先を消して終わりにすることも大切です。

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方は二人で何度も話し合う

彼氏と付き合って2年目で彼氏に気持ちが冷さめた。うまい別れ方かどうかわからないけれど、何度でも話し合うことで、お互いのためにどうすべきか方法が見えてきて、最後は気持ちよく彼とさよならできたので、何度でも話し合うことが大事だと思う。

その場では納得しても、後から復縁をせまってきたり、何度も連絡してきたり、ひどいと行為がいきすぎてしまいストーカーになるなんてことも起こりえます。

恋人だった以上どうしても優しさや情がでてしまいがちですが、優しさを持たないほうが彼氏のためになるということもあります。

彼氏が納得するまで、毅然とした態度で何度でも話し合うことがお互いにとって良い別れ方につながります。

Sponsored Link

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方をするために注意すべきこと

彼氏に冷めた時のうまい別れ方には場所や時間など注意点がいくつかありますので紹介します。

彼氏に冷めた時うまい別れ方をするなら場所を選ぶ

彼氏に冷めた時うまい別れ方をしたいなら、二人きりはやめましょう。

二人だけの空間だと、感情的になったり、気持ちが相手に流されたり冷静な話し合いができない場合が多いのです。

なるべく家から離れた人目の多いカフェや公園で話し合うようにしましょう。

周りの目があることで、あなたも彼氏も気持ちが揺らぐようなことを言われても冷静に対処できるはずです。

別れ方には場所選びも大事だということを覚えておきましょう。

 

彼氏に冷めた時うまい別れ方をするなら昼間にする

彼氏に冷めたらうまい別れ方で話し合いの時間帯として夜より昼間を選びましょう。

夜だといつまでも時間があるため、話が平行線で終わらない可能性もありますし、相手がアルコールを飲んだりしてしまっては冷静な話し合いどころではなくなります。

明るい時間帯で、なるべく話し合いの後に友達と会うなどのなんらかの予定をいれておくと、話し合いに集中できます。

 

彼氏に冷めた時のうまい別れ方は?体験談5選まとめ

彼氏に冷めた時は相手がまだあなたのことを好きだからこそ傷つけずにうまい別れ方をしたいものですよね。

今回の体験談から、うまい別れ方は相手を傷つけてしまうけれど気持ちをはっきり伝えることの大切さがわかります。

彼氏に冷めた時は気持ちを正直に伝えて、お互いの未来にむかって歩む方法がうまい別れ方といえるのです。

相手を傷つけない別れ方はないかもしれないけど、だからこそ厳しさこそ優しさと言える方法がお互いのためになるのね。
情に流されないよう、彼氏に冷めた時はきっちりした態度で相手に向き合う決心がついたわ。
Sponsored Link