婚活で専業主婦になるための男性を探すコツとは?

Sponsored Link


結婚したら絶対専業主婦になりたい!そう思いながら婚活をするのは間違っていません。

結婚してから共働きをするのか、専業主婦になるのかは大きな問題ですから、結婚後の生活をイメージしながら婚活をするなら当然考えることです。

最近では「男女平等」やら「女性の社会進出」やらと言われて、共働きをする夫婦も増えているようですが、「やっぱり結婚したら専業主婦になりたい!」と思いますよね?

わたしもそう思ってます(笑)

婚活の場で、専業主婦になるための男性を探すコツをご紹介します!

Sponsored Link

 

婚活して専業主婦を目指すのは間違っているの?

男女平等、家事分担、女性の社会進出などと言われて、「結婚しても共働きをするのが当たり前」という考え方が強くなってきているようです。

「結婚したら専業主婦になりたい!」と考えている方には、風当たりが強くなっているようにも思います。

 

先日「専業主婦になりたい」と女子会の場で発言したら「え?今の時代に?」みたいな顔をされました( ;∀;)

「専業主婦になりたい」という発言は、あまり受け入れられないようです(-_-;)

 

ですがネット上で行われた「ある調査」によると、専業主婦を希望する女性は半数を超えるそうです!

つまり、「専業主婦になりたいと実際に言う人は少なくても、思っている人は多い」ということ。

専業主婦を希望して婚活をしても、専業主婦になりたいというライバルは多いようです。

 

「専業主婦希望」という婚活女性を男性はどう見る!?

気になるのは「専業主婦を希望する」という女性を、婚活中の男性がどう見るか?ですよね。

結論から言うと、収入によって男性の意見も変わります。

 

妻を養えるだけの経済力がない男性なら、女性にも働きに出てほしいと考えるでしょう。

妻や子供を養えるだけの経済力がある男性なら、妻には自分が帰宅した際や休みのときに支えてくれる存在でいて欲しいと考えるようです。

つまり、専業主婦になりたいと考えているなら高収入男性をターゲットにする必要があるということです!!

 

うーん、予想はしていましたが、やはり高収入男性を狙わないとダメなんですね……

 

しかも高収入男性の中でも「働いている女性が良い!」という人もいるということを考えると、婚活で専業主婦を希望するなら「高収入であり専業主婦を求めている男性」をターゲットにしなければいけないということです!!

 

ますます厳しい条件になってしまいましたが、ここであきらめるわけにはいきません!!

どうすれば良いかを考えていきましょう!

Sponsored Link

 

専業主婦になるために、対象となる男性を見つける

まずは「高収入」「専業主婦を求めている」という、ターゲットとなる男性をも探さなくてはなりません。

高収入の男性は、どんな仕事をしている人なのか確認するのが一番でしょう。

 

仕事は何をしているのか?

医者や弁護士などの、いわゆる「高収入」と言われる職業なのか?

サラリーマン・会社員であれば役職があるのか?

 

婚活イベントなら相手のプロフィールから仕事がわかるのでチェックしましょう。

ハイステータスな男性と出会うなら、街コン・イベント【えくる】がおすすめ!

「男性公務員、上場企業、弁護士、会計士限定」のイベントや、「おしゃれカフェでまったり過ごす」カジュアルパーティーなど多彩なイベントから参加したいものを選ぶことができます。

参加のときに「身分証明書」の提示が必要なので、安心ですね♪

 

「せっかくイベントに参加するなら、豪華なディナーパーティーとかの方がおしゃれで良い!」と思うかもしれませんが、この先の長いお付き合いを考えたら、出会いのときの雰囲気や場所なんて些細なことです!!

オシャレなお店でのイベントよりも、より高収入男性があらわれそうな婚活を意識してください!!

 

専業主婦を欲している男性に選ばれる自分になる

婚活を続けて男性と巡り合えたとしても、いざ対面したときにターゲットとなる男性に好かれる女性になっていなければなりません。

「ターゲットの男性と知り合うことさえできれば、あとはお互いのフィーリングで何とかなるでしょ?」なんて考えていてはいけません!!!

そんな高収入男性と普段からお付き合いをしているならフィーリングが合うかもしれません。

ですが、年収○千万という未知の世界を生きている男性と今のあなたが、どうやったらフィーリングが合うんですか!?

「高収入+専業主婦を求めている」男性が好きそうなポイントにあたりを付けて自分を磨き、戦略的にアピールしていきましょう!

専業主婦になるために必要なことと、アピールの方法をまとめましたので、ぜひ参考にして婚活の準備をしてください!

Sponsored Link

 

結婚前に家事を完璧にする

専業主婦になりたいのなら、家事ができるようになっているというのは必須です。

というより、ぶっちゃけ家事できなかったら家にいてなにすんの???って感じですよね?

男性だって当然そう思います。

「やったことないけど、やればできると思う」とか「結婚したら、覚えていきます♡」というのはダメです。

「結婚して家事やってくれたら、収入上がると思います♡」とか言う男性を相手にしないですよね?

それと同じです。

「家事は完璧です」と婚活の場でアピールできるくらいのスキルを磨きましょう。

 

高収入男性に響くアピールポイントを作る

家事が完璧というのは当然として、高収入男性に好かれるにはそれ以外のアピールポイントも必要です。

たとえば「仕事で疲れて帰ってきた彼を癒してあげられる」とかですね。

イメージとしては「働いてお金を稼ぐのが夫の役割なら、それ以外のことをかたずけるのは自分の役目!」という感じです。

「専業主婦だから家事をする」ではなく「働く夫を支える」というイメージで、家事意外にアピールできることを考えてみてください。

それが、他の「家事完璧+専業主婦希望の女性」との差別化になります!

他には「料理だけじゃなくてお菓子も作れる」とか「朝から手を抜かないからしっかりとおいしいごはんを食べさせてあげられる」とかも良いですね!
これは人によって「ツボ」が違うので、自分なりに考えてみてアピールポイントを作ってみてください!
Sponsored Link

 

婚活の場では「専業主婦になりたい感」は隠す!

専業主婦になりたいと思っていても、実際に「結婚したら専業主婦になります!」と言ってしまってはいけません。

あなたがそう思っていなくても「養ってもらって、働かないでラクをしたいと思っているのではないか?」と見られてしまいます。

高収入男性は「養いたい」のではなく「支えてもらいたい」ために専業主婦になって欲しいと考えています。

男性もそこは警戒していますから「専業主婦になってもらいたい」とは言わないようです。

お互いに「支えあっていけたら良いね」というスタンスで仲良くなっていきましょう。

 

専業主婦になって欲しい!と思っている男性を見つけるには?

男性も「専業主婦になってもらいたいと言わない」ということは、どうやって専業主婦を希望している男性を見分ければ良いか、わからないですよね?

こちらも「専業主婦になりたいんだけど」とは相談できませんから、さりげなく価値観を聞いてみるようにしましょう。

具体的には、男性のお母さまが何をやっていたのか聞いてみましょう。

「お母さんが働いていたので、いつもさみしい思いをしていた」「お母さんが専業主婦で温かい家庭だった」というイメージを持っている男性なら、自分の妻になる人にも、家庭に入って家族を支えてほしいと考えている可能性が高いです。

逆に「自分の母親は仕事も家事も育児もこなしていて、とても尊敬している」といったことであれば、妻となる人にもそのようなことを求める可能性があります。

もちろんそれだけでなく、そこからなんとなく「家庭」についてどう考えているかを聞き出すことで、男性が専業主婦を希望しているかどうかがわかるでしょう。

 

婚活で専業主婦になるための男性を探すコツまとめ

「専業主婦になりたい!」と言っている人こそ見かけませんが、実際には結構競争率が高いのが「専業主婦」。

「養ってもらいたい!」というのではなく「あなたのことはわたしが支えるは!仕事以外のことは任せて!」くらいの気持ちでいることで、その希望に近づくことができるようです。

実際には「旦那に何かあったときには金銭的にも支えられるように、資格の勉強をしている」という専業主婦の方もいますし、そういう妻のほうが旦那さんも安心ですよね。

「結婚したら専業主婦になりたい!」という婚活中の女性は、ぜひ参考にして戦略的に婚活してくださいね!

Sponsored Link