彼氏から連絡が来ないのは愛されている証拠?愛情表現という理由は?

彼氏から連絡が来ないと、愛されているか不安になりますよね。

頻繁にメールや電話で連絡が来ていたのに…。

メールを送っても返信がなかったりすると、無視されているようで嫌われたように感じてしまいます。

しかし、連絡が来ないだけで、彼はあなたのことを嫌いになったとは言い切れません。

彼氏から連絡が来ないのは、一種の愛情表現かもしれないのです。

今回は彼からの連絡頻度と愛情は関係あるものなのか?彼からの連絡来ないのは愛情表現といいきれるのか?ということを調べてみました。

Sponsored Link

 

連絡頻度だけで愛情は図れないもの

付き合い始めの頃は、彼もあなたのことをよく知らないため、メールや電話で連絡をとりあい情報交換を頑張ります。

本来男性は、メールや電話は「連絡手段」として考えており、女性のように会話などのコミュニケーションツールとは考えていません。

実は、最初はお互いに合わせていこうとすることで必然的に連絡頻度が多くなっているだけなのです。

それを女性のほうは彼なりの愛情表現ととらえてしまっていることがそもそも間違いなのです。

恋愛をしている時、男性はプライベートと彼女との時間は分けて考えるもので、女性はプライベートの時間=彼氏との時間と考えるといった傾向が強いと言われています。

そしてこういった価値観のずれにより、付き合いが長くなってくることで不安が表面化してしまうのです。

実際関係を長続きさせるためには、こういった男女の差を理解することも大切になってきます。

 

男性側の心理として考えられるパターン

  • 自然体で接することができるからこそ連絡が減る

彼は、頻繁に連絡しなくても、実際あなたと会ったときに話ができればそれでいいのです。

マメに連絡をしなくても、あなたが彼のことをわかってくれているという安心感から連絡が減っただけなのです。

  • 彼女に対する信頼感  

連絡が来なくなったということは、彼女であるあなたに対する信頼感からくる愛情表現の裏返しである場合もあります。

あなたが浮気をしたり、彼を裏切るような行為をすることはないと信じているからこそ、あえて連絡をしないのです。

Sponsored Link

 

彼氏が連絡をくれないのは愛情表現という理由

上記で述べたように、「連絡頻度=彼女に対する気持ち」とは男性側は考えていません。

わかっていても、あまりに連絡が来ないと不安で悩んでしまうのが女性の心理ですよね。

彼からの連絡が少なくなって不安になってきたら、二人でいるときの彼の行動や言動を思い出してみましょう。

彼の愛情表現による行動パターン

  • きつい言葉を言っても聞き流してくれる
  • 結構いろいろ奢ってくれる
  • 困っているときは手を貸してくれる
  • 重い荷物を持ってくれる

 

きつい言葉を言っても聞き流してくれる

普段あまり連絡をくれない彼とのデートの際、日ごろの不満からイラついてきつい言葉で八つ当たりしてしまうことはありませんか?

どうでもいい女性からのきつい言葉には彼のほうも腹を立ててその場からいなくなるでしょう。

あなたの言葉を聞き流す優しさがあれば、それはあなたに対する彼の愛情だと受け止めてあげましょう。

 

結構いろいろ奢ってくれる

これは男性限らず言えることかもしれませんが、自分が頑張って稼いだお金をどうでもいい相手に対して使いたくありませんよね。

食事の時や映画館のチケット代など、彼のほうが進んでお金を払ってくれるということは、あなたのことを愛しているから、あなたのために大事なお金を使ってもいいと考えての行動なのです。

 

困っているときは手を貸してくれる

普段はまめに連絡をくれない彼でも、あなたが悩みをメールしたら、直接電話をかけてきてくれて話を聞いてくれることはありませんか?

これも、電話で直接なアドバイスはないにしても、あなたが困っているときに、何か力になりたいという彼なりの愛情表現なのです。

 

重い荷物を持ってくれる

彼と一緒に買い物に行った際など、重いほうの荷物を彼はさりげなくもってくれることがあるでしょう。

これは、大事な女性に対して守りたい、支えたいという気持ちが行動となってあらわれてのことなのです。

当たり前と受け止めず、あなたのほうも「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

Sponsored Link

 

彼氏から連絡が来ないのは愛されている証拠?愛情表現という理由は?まとめ

彼からの連絡が来ないからと言って、必ずしも彼のあなたへの愛情がなくなったわけではないことがわかりましたね。

頻繁に連絡が来なくなったということは、しょっちゅう連絡しなくても、彼はあなたを信頼し、二人の関係に安心感を持っているということなのです。

メールや電話の頻度を数えるよりも、普段二人でいるときの彼のことをしっかりみてあげることが何より大切です。

お互いを思いやりながら感謝の気持ちを忘れずにお付き合いを続けていくことで二人の絆もより一層強いものになるでしょう。

Sponsored Link