彼氏から連絡が減ってきた!原因と注意すべき5つの対策方法

Sponsored Link


彼氏からの連絡が急に減ってきたと感じた時、不安になりますよね。

ただ、不安に思うあまり、彼氏から連絡が来ないことを責めたりしていませんか?

怒ったり責めたりしても、彼には「面倒くさい女」と思われるだけかもしれません。

今回は、彼氏から連絡が減ってきた原因と注意すべき5つの対策方法をお伝えします。

Sponsored Link

 

彼氏からの連絡頻度はこだわらない

彼からの連絡が減ると不安になりますよね。

他のカップルも減っていくのが普通なのか、それとも私たちだけなのか、そういうところも気になってくるでしょう。

根本的な解決策ではありませんが、ある程度一般的な傾向を知っておくことで、冷静に対応することができます。

まずは世間一般的な傾向について紹介いたします。

 

メールや電話は付き合うための手段

付き合う前はまめに連絡をくれていたのに、付き合い始めるとLINEも既読スルーが当たり前という男性は多いものです。

それは、付き合う前は、彼氏は狩りモードになっており、あなたを自分のものにする手段としてメールや電話をこまめに返していたのです。

それをまめな男性と勘違いしてしまい、付き合い始めて連絡が減ったと不安になるのです。

連絡が減ったからと言って必ずしも、彼があなたを嫌いになったわけではないのです。

 

連絡頻度は人それぞれ

毎日連絡を取り合わないと不安、というカップルもいれば、週2,3回くらいがちょうどいい、週に1回だけ、というカップルもいます。

メールやラインで連絡を取り合うのが好きな人もいれば、会って話す方が好きという人もいます。

中には、用事のある時だけというあっさりした人もいます。

連絡頻度が少ないからと言って良いわけでも悪いわけでもありません。

連絡頻度はその人の性格に左右されますので、丁度良い連絡頻度はカップルによって違ってくるのが普通です。

 

連絡頻度では愛情ははかれない

上項でも説明したように、カップルによって連絡頻度は変わります。

連絡頻度が少なくなったからといって、もう好きじゃなくなったと判断はできません。

相手にとっては、それが心地よいペースなのかもしれませんよ。

二人の関係が落ち着いてくると、連絡頻度は徐々に減ってくるのが一般的な傾向です。

彼氏から連絡が減っても決してあなたを嫌いになったという理由ではなく、連絡が減るのは一般的な傾向ということがわかりましたね。

連絡が減ったからと言って、一方的に不安に悩むことはないのです。

Sponsored Link

 

彼氏から連絡が減った原因


次に、彼からの連絡が減った原因はなんなのでしょうか?

自分ではどうしようもないものから、心の変化まで考えられる原因をまとめてみました。

 

仕事が忙しい

実際、朝から晩まで仕事に追われ、携帯を見る暇もない男性も多くいます。

そんな時、「もっとまめに連絡をして」とか「もしかして浮気しているんじゃない?」など

一方的に彼を責めるようなメールを送ってはいけません。

せっかく仕事を頑張っているのに、そんな疑いをかけられては、彼もあなたと連絡する気をなくしてしまいます。

そんな時は「最近忙しそうだけど無理しないでね」とか「休日はゆっくり休んでね」と彼をねぎらう言葉を送ってあげましょう。

 

タイミングの問題

仕事以外ならいつでも連絡してよいわけではありません。

仕事ではなくても、ゲームや読書、スポーツなど彼が何かに集中しているときは、スルーされてもしかたありません。

ながら作業が得意な女性からしてみたら、なんで二つのことが同時にできないの?と不思議に思うかもしれません。

しかし、男性のほとんどが女性のように二つのことを同時進行できる器用さはなく、一点集中型がほとんどです。

そのため、返信のタイミングが悪いから連絡できなくて当然と考える男性も多いようです。

 

家族のような大切な存在

多くの男性は、付き合えるまではマメに連絡をとりあおうと頑張ります。

そして実際「自分の彼女」という形で手に入ると、安心してしまい、最初のころのようにマメに連絡をすることはなくなります。

彼の愛情が減ったようで寂しく感じるかもしれませんが、実際は、あなたへの信頼、心を許している彼なりの愛情表現でもあるのです。

普段連絡がなくても、二人で会う時間は楽しく落ち着くものであれば、結婚も近いと考えてよいかもしれません。

Sponsored Link

 

彼氏からの連絡が減ったときの5つの対応策

いろいろ理由はあるにせよ、やはり毎日連絡をとりあっていたのが、連絡が減ってくると、不安になり気持ちがふさぎ込んでしまいますよね。

続いて、彼氏から連絡が減った時の対策法をお伝えします。

 

自分から連絡はしない

毎日連絡をしていたなら、2~3日あけて連絡するようにしましょう。

内容も「おはよう」「今日もお疲れ様」など、彼から連絡が来ないことへの嫌味など書かずに短い挨拶程度にしておきます。

あなたが一歩引いた対応をとることで、彼のほうも「連絡がないけどどうしたのかな?」と気にして連絡をくれるようになるかもしれません。

 

自分の時間を楽しむ

彼からの連絡が減ったことに不安を感じて悩んでいるよりも、

その分自分ひとりの時間を楽しみましょう。

一人旅にでかけてみたり、読書やスポーツなど自分の趣味の時間を増やすのです。

楽しむことで、彼からの連絡のことも忘れられるはずです。

また、彼に会ったとき「こんな本を読んだ」「この前の旅館良かったから今度一緒に行こう」など会話の幅も広がることでしょう。

 

男友達と連絡を取る

彼が友達付き合いや仕事で女の人と会っているかもしれないと、やきもちをやいて悩むよりも、

あなたも男友達と連絡をとってみましょう。

彼氏からの連絡が減ったことを相談することで、今まで気づかなかった男性側の考え方や意見に気付くことができるかもしれません。

 

最近忙しいの?

忙しさが原因で彼氏からの連絡が減った場合、仕事の忙しさや人間関係に悩んでいるかもしれません。

そんな時に、彼の話を聞いてあげられる雰囲気を作ってあげましょう。

精神的に彼を回復させ、癒しの存在になれるように頑張りましょう。

彼を褒めながら上手に話を聞いてあげるのがコツです。

もし、お前に話しても解決できないよ、なんて冷たい態度をとられても、話すだけでも少しは楽になるよ、と優しく接してあげましょう

彼氏に声をかけるときの例

〇〇くんでこんなに苦労するなんて、よっぽど難しい大変な問題なんだね。

でも、〇〇くんしかできないから信頼されているんだね

〇〇くんは優しくて頼りになるから、ついねたんでしまう人もでてくるんだよ

このように声をかけてあげると彼氏もうれしいですね!

 

彼の好きな話題のネタを集める

毎日彼と連絡をとろうとすると、内容も「おはよう」「おやすみ」といった挨拶程度でマンネリ化してしまうでしょう。

マメな男性であれば、そういう内容のない会話でも連絡をとろうとしてくれますが、ほとんどの男性はマメではありません.

だんだん連絡をしなくなる男性がほとんどです。

 

そこで、彼が楽しい聞きたいと思うような話題をどんどんしていきましょう。

例えば、映画が好きな彼には最新情報を教えてあげたり、野球が好きなら試合の結果などを教えてあげると彼も食いつてくるはずです。

 

彼氏から連絡が減ってきた!原因と注意すべき5つの対策方法まとめ

彼氏からの連絡頻度が減ったことで、必ずしもあなたが落ち込む必要はないことがわかりました。

連絡が減ってきたということは、彼のほうの事情もありますし、もしかするとあなたにも何か原因がある場合もあります。

彼からの連絡が減ったことを落ち込む前に、長く良いお付き合いをしていきたいのであれば、一度自分を見つめなおしてみることも大切です。

相手を理解することと、自分を見つめなおすことで彼にもっと愛される女性になれるよう日々精進していきましょう。

Sponsored Link