婚活イベントの出会いから恋愛へ発展させる「理由作り」とは

婚活イベントの出会いから恋愛へ発展させる「理由作り」とは

婚活イベントでの出会いは、アプリ婚活に比べて出会える人数は少ないです。

ですが実際に顔を合わせてお話をしているので、気が合えば「一度ふたりで食事にでも行ってみようか」という

この段階では恋人同士ではないものの、ふたりでゆっくり話をする機会が作れるという点では、婚活の第一歩としては良いスタートではないでしょうか。

一緒に食事をして良いなと思っても「この人とはうまくいくだろうか」と不安になってしまい、その不安が的中してもう会うことが無いなどということがあると「私はイベントを通して婚活をしても、うまくいかない」などと思ってしまうかもしれませんね。

どうしてイベントで知り合ってもなかなか恋愛に発展しないのでしょうか。

成功するイメージが無いから

恋愛が成就しない理由として「成功するイメージが無いから」ということがあげられます。

「この恋愛はうまくいかないかもしれない」と思っていれば、うまくいかなくなってしまうものです。

恋愛以外でも、手ごたえがあったときにはうまくいっていて、失敗するかもしれないなと不安に思っているときには本当に失敗してしまうという経験をしたことがあるのではないでしょうか。

よく成功哲学などで「思考は現実化する」いわれるように、脳はイメージを現実にしようとします。

このときに悪いイメージばかりをしてしまうと、悪いことが現実になってしまいます。

「この恋愛はうまくいかないかもしれないな」というイメージが強いと、脳はそのように行動してしまい、結果うまくいかなくなってしまうのです。

成功するイメージを持てば恋愛成就に近づく

逆にいえば、恋愛を成就させるためには「上手くいかないかもしれない」という考えを捨てて「彼氏ができている姿」「恋愛が成就している姿」をイメージする必要があります。

婚活が成功しているイメージを持てれば、脳もそうなるように働いてくれるため、婚活が上手くいく可能性が上がるでしょう。

ですが「うまくいかないかもしれない」と思いがちな方が、急に婚活が上手くいっている姿をイメージするのは難しいかもしれません。

そんなときには「恋愛が成就する理由」を作ることで、かなりイメージしやすくなると思います。

恋が成就する理由を作る

急に「彼との恋愛はうまくいくと思う!」というイメージを持つのは難しいですよね。

そんなときには「彼と私が付き合える理由」をあげていき、恋愛の成功をイメージしましょう。

「うまくいくと信じられる理由」があれば、彼との恋愛が上手くいくというのも信じやすくなりますよね。

たとえば、「出身地(地元)が近いから話しも合うし、結婚して地元に戻ることもできる」「同じ業界で仕事をしているから、大変さを共有できる」などです。

こうした理由があれば、なんだか彼との恋愛もうまくいきそうな気がしてきませんか?

自分が彼との恋愛成就を信じられる理由をあげて、成功のイメージを膨らませましょう。

イベントでの出会いは「お試し」から

イベントでは、対面でたくさんの人と出会うことができます。

そこからすぐにお付き合いする人を決めるわけでは無いので、まずはお試しでも良いので次に会う機会を作ることから始まります。

「もう少し話してみたいな」と思ったら積極的に次に会う約束をしていきましょう。

初対面の人と話すのが苦手なことも

あなたが自分のことを2~3分で上手くアピールできないのだとすれば、それは相手にも言えることです。

極端に印象が悪い場合は例外だとしても、「タイプだけどいまいちパッとしないな」くらいに思っているのだとしたらもう一度くらい会ってみることをおすすめします。

親しくなってみたら見える顔があるかもしれません。

まとめ

せっかく積極的になって婚活イベントにまで行ったのに、自分の悪いイメージのせいで恋愛に発展しなかったらもったいないですよね。

急に「良いイメージを持て」といわれても難しいと思いますので、まずは「この恋愛の成就を信じられる理由」を探してみてください。

理由が見つかれば、彼との恋愛に対して前向きに考えられている自分に気づけるはず。

ぜひ、前向きな考えで婚活を成功させてくださいね!