彼氏がいるのに不安になる疲れた…伝えるべき?伝え方は?

Sponsored Link


彼氏のことが大好きだからこそ、いろいろ不安になりますよね。

せっかく大好きな人と恋人同士になれたのに、いろんな不安につきまとわれて二人の関係を楽しめず、幸せと思えなくなるのはとても残念なことです。

不安を解消したく、彼氏に気持ちを伝えたくても「重い女」「面倒くさい女」と思われてしまいそうで、ストレートに気持ちを伝えることも遠慮してしまうでしょう。

今回は、彼氏に不安を伝えるべきか?また上手な不安の伝え方についてまとめてみました。

Sponsored Link

 

不安な気持ちを彼氏に伝えるべきか?伝えないべきか?

不安な気持ちを彼に伝えることで、二人の関係が壊れてしまうのかもしれないという恐れから、気持ちを押し込めてしまうことありますよね。

ですが、不安な気持ちがあなたの中にどんどんたまっていくと、モヤモヤしてしまい、せっかくの二人の時間も楽しめなくなってしまいます。

頭で考えるばかりでは、あなたの心が先に疲れてしまうでしょう。

抱え込んで疲れてしまうよりは、相手に気持ちを伝えることが大切です。

素直に気持ちを伝えることが苦手なあなたのために、まず、彼氏への不安の伝え方を4パターンにまとめてみました。

 

気持ちは重くなりすぎないように、何気なく言う

一緒にいて、二人の時間を楽しんでいるときに、「好きだよ」と言ってもあまり効果はありません。

二人で歩いている時や、別れ際などに何気なく言うことが大事です。

また、その時、少し寂し気な顔で伝えることで、彼氏に「何かあったのかな?」と思わせることができます。

 

そこで、彼が「何かあったの?」と聞いてきたらストレートに不安を伝えるよりも、「少し不安になっちゃって…」と寂しそうな笑顔で伝えることができれば、「重い女」と思われずに、不安になっていることを愛情表現として伝えられます。

 

ここで一つ注意点として、「好きだよ」と、気持ちを伝えた後に、「○○君は私のこと好き?本当に好き?」などとしつこく聞いてはいけません。

彼が「俺も好きだよ」と言ってくれれば、不安も解消しますが、あまりしつこいと「重い」と感じてしまう男性もいます。

ただ「好きだよ」と伝えるだけで、相手にあれこれ質問して同じ気持ちを求めないことが大切です。

この伝え方は、普段素直に気持ちを伝える事が苦手な人にオススメです。

ここで大切なのは自然体で言葉に気持ちを込めることです。

いくら不器用な人でも、彼女の事が大好きな人なら不安な気持ちを感じ取る事が出来ると思います。

気付いてくれたなら、きっと言葉では伝えてくれなくても、会う回数を増やしてくれたり、連絡をマメにとって気にかけてくれたりというように行動面に出てくるかもしれませんね。

POINT

相手の行動に少しでも気付けるように、彼女の方も気付く努力をしましょう。

相手を気遣い、嬉しいと素直に伝えると、彼も喜んでくれると思いますよ。

Sponsored Link

 

「最近忙しそうだね…」と伝えてみる

忙しい彼氏だとなかなか二人の会う時間が持てずに、不安になってきますよね。

本当は寂しく不安だけど、「仕事だからしかたない」と、彼氏の邪魔にならないよう、不安な気持ちをひとりで抱え込んでいませんか?

ここは遠回しでもちゃんと伝える方法があります。

「最近忙しそうだね…」と寂しそうに伝えることです。

 

その時、男性は鈍感な生き物なので、「そうなんだよね~。いろいろ任されてさ~」と自慢げにヘラヘラと言ってくるかもしれません。

そんな態度をとられたら、「人の気も知らないで!」とイラッとしてしまうかもしれませんが、落ち着いて冷静に寂しそうな姿勢は崩さないようにしましょう。

 

ここで重要なのは、「最近忙しすぎない?本当に仕事なの?」と不安とイライラをあわせて伝えないことです。

イライラしていることは相手に伝わります。

仕事が忙しい彼に、不安な気持ちをそのままぶつけてしまっては、彼はせっかく仕事を頑張っているのに、「なんで俺疑われてるの?」と、嫌な気持ちになるのは当然なことです。

 

ここはあくまでも「忙しそうだね」の一言に徹底して「寂しいんだ」という気持ちを込めて伝えることが大切です。

そして、その後は何事も無かったかのように振る舞えば、彼は彼女の気持ちに[あれ?]と違和感を少し感じるかもしれませんね。

敏感な彼氏であれば、「もしかして不安にさせているのかな?」と気づいてくれるでしょう。

その時は気づいてくれなくても、会う時に、「最近疲れてない?」「忙しそうだね……。」と少しずつ遠回しに会えない事へのストレスや不満をぶつけたら、彼も不安な気持ちに気付いてくれるようになるかもしれません。

POINT応援する姿勢は崩さず、相手を責めるような言い方にならないように気を付ける!

忙しい彼氏には、「いつもお仕事お疲れさま!ゆっくり休めてる?忙しそうだけど体調には気をつけて無理はしないでね」と、仕事を頑張る彼を応援しているというスタイルを崩さず、じっくり丁寧に不安を伝えていく努力が必要なのです。

Sponsored Link

 

メールや電話で気持ちを伝える。

付き合い始めは、まめに電話やメールを返してくれていても、次第に電話に出てくれなかったり、メールの返信をくれくなったりする男性は多いものです。

メールがこないだけでも「もう気持ちが覚めてしまったのかな?」「私だけが一方的に彼のことを好きなのかな」と不安は大きくなるものです。

 

そんな時は、毎日送っていたメールをこちらも2~3日でもやめてみましょう。

そして、できれば夜遅く、寝る前の時間に「元気?会えないとなんだか寂しい」と、素直な気持ちを送ってみましょう。

もしくは、久しぶりに電話で話をして、二人の楽しい時間の後など、電話では言えなかった気持ちを送ってみるのもよいでしょう。

 

文面はできるだけシンプルに、彼への感謝や好きという気持ちを添えて送ってください。

前置きが長くなったり、要求をつけたりしないよう気を付けることが大事です。

Sponsored Link

 

彼氏と腹を割って話し合う

 

ワガママだと思われるのが怖くて、不安な気持ちを自己完結で自分の心に押し込めてしまう女性は、彼氏のこと以外に仕事や友人関係などでトラブルを抱え、情緒不安定になってしまうと、感情がオーバーヒートしてしまい、彼氏に関係ない怒りや不満までぶつけてしまうことがあります。

不安を伝えないことが、もっと最悪なケースをうむ場合もあるのです。

 

「忙しくて会えないから寂しい」「メールが返信がないから寂しい」「友達優先ばかりで浮気していないか心配」など、日ごろ不安に思っていることは、彼と向き合ってしっかり伝えましょう。

まずは、彼のどういうところが不安にさせるのかメモに書き出してみるのもよいでしょう。

自分に誤魔化しをせずに、素直で正直な気持ちを書き出していく事で、頭の中でごちゃごちゃになっていた物が整理されて、気持ちの面でもかなり違ってくると思います。

 

伝える際に大事なことは、彼への不満や愚痴を言うのではなく、あなたがなんで不安な気持ちになるのかを丁寧に彼に伝えることです。

言葉にすることで、彼自身も気づかなかったあなたへの態度をあらためるようになるかもしれませんし、「こういうときはこうしよう」といった解決策がきっとみつかるはずです。

このように、不安を抱え込んであなた自身が疲れてしまう前に、抱え込まずに相手に伝える方法が、二人の関係性をより良いものにできますし、何よりあなたの心が穏やかになれます。

 

もしどうしても、彼に気持ちを伝えることができない場合は、共通の友人など第三者に相談するというのも一つの方法です。

その代わり、友達に自分の気持ちを代弁してもらうという行為はよっぽどの事情がない限りは、絶対にやめましょう。

あくまで、それは自分の口から相手に伝えなければ意味が無いものだと思います。

恋愛の問題はあなただけの問題ではなく、彼と二人の問題ですからね。

一人で抱え込まず、二人で乗り越えていけるよう努力しましょう。

 

彼氏がいるのに不安になる疲れた…伝えるべき?伝え方は?まとめ

不安な気持ちがでてきたら、相手にばかり要求を伝えるのではなく、普段から相手の言い分もきちんと聞いてあげることが大事です。

恋人同士とはいっても、これまでまったく違う環境で育ってきた他人同士なのです。

どちらかがどちらかにあわせようと無理をせず、お互い歩み寄りの気持ちをもって付き合っていくことで、多少の不安も乗り越えられるカップルに成長していけるのでしょう。

Sponsored Link