教師が彼氏だと会えない!デートの時間はどう作る?

正義感が強く真面目。頼りがいがあり、生徒からも慕われている・・・

「教師」という職業はやりがいのある仕事ですよね。

結婚相手が教師ならば経済面でも安定していますし、何より子育てが上手!というイメージがあり、結婚したい職業で上位になっているのもうなずけます。

 

しかし、彼氏が「教師」という職業の場合、二人の間に大きなハードルがあるようです。

それは・・・彼氏に「会えない」ということです。

 

なぜ、会えないのか?その実態や現実を知り、彼氏とのデートの時間をどうやって作っていけばいいのか、考えていきましょう!

Sponsored Link

 

なぜ教師の彼氏になかなか会えないの?

教師の仕事内容はもちろん、学習の指導がメインですよね。しかし、それだけではなく

入学式、卒業式、運動会、音楽会、文化祭、遠足、修学旅行など学校行事に関わることも大事な仕事になってきます。

さらには、PTA活動、生徒指導、保護者への対応などもあります。これらは時間外での仕事内容になることが多いのではないでしょうか?

 

また、教師は「朝早くから夜遅くまで学校にいる」というイメージがありませんか?

事実、出勤時間が早く、帰宅時間が遅いようです。

授業の準備などのために、早い人で7時には学校に来ているようです。

生徒たちが帰宅した後は、その日の事務処理や翌日の授業準備などもあり、平均的な帰宅時間は18時から19時の間ぐらいになるようです。

 

部活動の顧問になる可能性もある!

さらに、中学、高校では部活動がありますよね。

部活動の顧問になれば帰宅時間は22時という人もいるのが現実のようです。

帰宅時間が遅いことに加えて、部活動は学校が休みの日も活動日としていることも多いので、休日は部活指導という場合もあります。

 

すべての教師にあてはまることではありませんが、現実的にはこういった状況の中で仕事をしている教師が多いのが実態のようです。

さて、ここで問題です!!

彼氏が教師だとしたら、いつ会えるのでしょうか?

デートの時間をどうやって作っていくのでしょうか?

Sponsored Link

 

教師の彼氏とのデートの時間はどう作る?

一般的な会社員と教師との違いのひとつに、「年間行事がはっきりしている」ということがあります。

休みは取りづらいでしょうが、月間、年間の予定が前もってはっきりしているのが、教師という職業のいいところです。

 

学校の夏休み・冬休みはどう過ごす?

学校は夏休み、冬休み、春休みがあります。

学校自体がお休みだからといって、教師もお休み・・・というわけではありませんが、それでも、通常よりは時間に余裕のある時期かもしれませんね。

そのうえで、二人の時間をどう作っていくのか話し合いましょう。

 

また、長期休み意外の、普段の生活の予定を彼氏と話し合うとき、

例えば、

  • どんな予定があって、いつ頃まで会えないのか?
  • 時間が取れるのはいつなのか?
  • メールや電話でのコミュニケーションはできるのか? など

彼氏に具体的に伝えます。

 

彼氏の仕事を理解した上で、具体的に伝えます。

そして、会えない時にしてほしいことも伝えましょう。

 

こういったやり取りを通して、いつしかデートの時間が生まれてくるのではないでしょうか?

Sponsored Link

 

教師である彼氏を「理解」することが大切!

結婚相手が教師ならば経済面でも安定していますし、結婚したい職業で上位になっているのもうなずけます。

しかし経済面での待遇もよく、安定した職業ではあるものの、拘束時間が長く、業務量が多い「教師」という仕事をよく理解しておくことが大切になってきます。

 

彼氏が教師だから・・・ではなく、好きになった相手が教師だったという想いがあれば

どんな状況も受け入れられると思います。

 

教師が彼氏だと会えない!デートの時間はどう作る?まとめ

彼氏が、「教師」という職業を選んだことは、大変でもやりがいを感じたからでしょう。

彼氏が教師をしていて感じる喜びや感動を、一緒に共感でき、理解し合えるとふたりの関係も深くなり、会えない時間も信頼関係で繋がれるのではないでしょうか。

時間の長い・短いではない、二人の「大事な時間」としてデートの時間を作っていけることを応援します。