彼氏は冷めた?遠距離でも気持ちが離れない方法5選

Sponsored Link


遠距離恋愛はただでさえ寂しいのに、彼氏の気持ちが冷めたように感じたら、何も手につかないほど不安になりますよね。

遠距離期間中に彼氏との仲が冷めたように感じる前に、気付いて早めに対処できれば二人の絆もより深いものになるでしょう。

そこで今回は、遠距離で彼氏が気持ちが冷めてきたらどんな行動をとるのか?もし彼氏の気持ちが冷めたと感じたらどう対処すべきかを紹介いたします。

Sponsored Link

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる行動

遠距離の彼氏のあなたに対しての行動や態度で、気持ちが冷めてきたとわかることがあります。

まずは、遠距離の彼氏が冷めた時にどういう行動にでるのかをまとめてみました。

遠距離の彼氏が冷めたと感じるときの行動5選

  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じるときはメールでわかる
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じるときは電話にでなくなる
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じるときは会えなくなる
  • 遠距離の彼氏が気持ちが冷めたと感じるときは二人きりになりたがらない
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じるときは会話が減る

 

遠距離の彼氏が冷めたと感じるときメールの返信が少なくなる

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じるときは、メールの頻度が一番わかりやすいかもしれません。

遠距離を始めた頃は、朝晩「おはよう」「おやすみ」など、あなたのメールにもこまめに答えてくれていた彼が何も返信をくれなくなってきたら要注意です。

LINEなど既読がつくだけで返信もスタンプもないようなら彼の気持ちが冷めたと疑ってよいでしょう。

とは言え、もともとメールやLINEがまめではない彼氏の場合、単に面倒くさいだけということもあるので、普段の彼氏のメール頻度と比べてから気持ちが冷めたと言えるかどうか考えましょう。

 

遠距離の彼氏が冷めたと感じるとき電話がつながらない

遠距離の最初のころは毎晩短くても電話で彼氏の声を聞いていたのに、電話がつながらなかったり、電話してもでないことが続いたら気持ちが冷めたかもしれません。

ですが、こちらももともと電話が苦手な男性もいるので、電話にでないからと言って彼氏の気持ちが冷めたと決めつける前に、電話がダメならメールするなど別の方法を試してみましょう。

 

遠距離の彼氏が冷めたと感じるとき仕事を理由に会えない

遠距離の楽しいところは、普段なかなか会えない分久しぶりに会えるとなると、彼氏に会えることでドキドキワクワク付き合いたての頃のような新鮮な気持ちが味わえるところでしょう。

ところが、忙しさを理由に会えなくなってくると、彼氏の気持ちが冷めてきたということかもしれません。

最初の頃は、どちらかが仕事でも半日だけでも頑張って会いに行ったり来たりしていたのが、1ヶ月2ヶ月と会えない期間がどんどん長くなっていくと辛いですよね。

あなたが会いに行っても、会うことをためらったり、避けられるような場合は要注意です。

 

遠距離の彼氏が冷めたと感じるとき二人きりにならない

遠距離でなかなか会えなくて久しぶりに彼氏に会えるのに、彼氏が友達と約束をいれていたりしてあなたと二人きりで会う時間を全然作ってくれないということが続くと気持ちが冷めた証拠かもしれません。

もちろん、友達付き合いや家族との時間も大切です。

ですが、あなたと二人きりになれるときも、何かと理由をつけて大勢で集まりたがることが続いたら、彼氏と話し合いの時間を持ちましょう。

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたときとる行動は会話が減る

遠距離のはじめの頃は、毎日のように電話で会話したり、久しぶりに会ったらお互いの近況報告に盛り上がったりと会話が途切れることがないと思います。

時間がたつにつれ、電話をかけても疲れているからとすぐに切りたがったり、せっかくのデートでもあなたが話していても上の空の場合、彼氏の気持ちが冷めている可能性は高いです。

ただもしくは、本当に疲れているか仕事のことなど他に気がかりなことがある場合もあるので、気持ちが冷めたと決めつける前に、「なんだか元気ないね?どうしたの?」と優しく聞いてあげましょう。

Sponsored Link

彼氏が遠距離で気持ちが冷めた?気持ちが離れないための対処法

遠距離の彼氏の気持ちがあなたから離れていっている、冷めてきたと感じたら、なるべく早いうちに次のような対処法を考えましょう。

遠距離の彼氏の気持ちが冷めた?対処法5選

  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に束縛しない
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に自分磨きを頑張る
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に二人の時間を大切にする
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に時々は手紙を書いてみる
  • 遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前にネガティブにならない

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に束縛しない

遠距離になると彼氏の行動に目が届かない分、浮気の心配は強くなるかもしれません。

ですが、あまりにしつこく彼の行動を無理やり把握しようとしたり、1日に何度も意味のないメールを送ったりして、彼を束縛しようとしてはいけません。

束縛されると、彼氏もあなたに信頼されていないと感じて、あなたへの気持ちは冷めてしまうでしょう。

遠距離恋愛で大切なことは、お互いの信頼関係ということを常に頭においておきましょう。

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に自分磨きに励む

遠距離の彼氏の気持ちを冷めさせないために、会えない時間を有効活用して女性としてのあなた自身を磨いておきましょう。

ダイエットしたり、もっと知性を高めるために本を読んだり、料理教室に通ってみたり、恋愛以外のことを高めていきましょう。

彼氏は久しぶりに会った彼女がきれいになっていたり、料理上手になっていたりすると嬉しい反面、彼女が誰かにとられてしまうんじゃないかと不安になったりします。

彼を油断させないためにも、あなた自身の魅力をレベルアップさせていくことが大切です。

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に二人の時間を大切にする

久しぶりに会ってデートの時、ちょっとしたことで彼氏とケンカになりそうになっても我慢することも大切です。

またすぐ離れ離れになってしまう二人の時間は貴重なものなのに、つまらないケンカで台無しにしてはいけません。

ちょっとカチンとくるようなことを言われても、話題をかえたり、あなたが一歩大人になって彼に接してあげましょう。

会う度に小さいケンカで雰囲気を壊してしまっては、彼氏もあなたも疲れて気持ちが冷めてしまうので要注意です。

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前に手紙を書いてみる

遠距離になると彼氏にすぐ会えない分、メールや電話でのコミュニケーションが大事になってきますよね。

その唯一のコミュニケーションが減ってきたら、気持ちが冷めてきたと感じてもしかたないことです。

そこで、メールや電話以外でたまに彼氏に手紙を書いてみましょう。

ふいにポストに恋人からの手紙が届いていたら、新鮮に感じてうれしいものです。

 

遠距離の彼氏の気持ちが冷めたと感じる前にネガティブにならない

遠距離だとどうしてもすぐに会えないことや、彼氏を近くに感じられないことから、「寂しい」とか「会えなくてつまらない」とついネガティブな発言ばかりしてしまうかもしれません。

そこは、寂しくてつらいのはあなただけではないということをしっかり忘れないようにしましょう。

彼氏もあなたが近くにいないところで、我慢して頑張っているのです。

電話やメールでは楽しく明るい話題を心がけて、お互いを励まし合うことで気持ちが離れるのを防ぐことができます。

Sponsored Link

遠距離で彼氏の気持ちが冷めた?と感じた時に注意すべきこと

久しぶりに会っても、彼氏は仕事の話ばかりするからつまらない。遠距離で私に対しての気持ちが冷めたのかもしれない。

遠距離の彼氏が久しぶりに会う彼女に仕事の話ばかりするのは、仕事が充実しているという証拠です。

仕事がうまくいかなかったりすれば、久しぶりに会った彼女に対して嫌な話題はさけるでしょう。

彼氏が仕事の話ばかりするときは、あなたと離れていても、彼氏が頑張っている証拠だと受け止めてあげましょう。

 

遠距離だからこそイベント事はちゃんとしたいのに、誕生日もクリスマスも彼氏は仕事で会えないからつまらない。もう彼の気持ちは冷めたのかもしれない。

遠距離だからこそ移動距離など時間がかかり、イベント事に予定をあわせるのは難しいものです。

それこそ遠距離が海外だったりすると時差の関係も出てくるような場所では、すぐにその日に予定をあわせることは容易ではないでしょう。

イベント事の際に彼氏に会えないからといって、気持ちが冷めたと決めつけるのは単なるわがままでしかないので気を付けましょう。

 

彼氏は冷めた?遠距離でも気持ちが離れない方法5選まとめ

彼氏との遠距離で気持ちが冷めたと感じる時、また彼氏の気持ちが冷めないようにするためには、近くにいるときよりも、彼の話をきちんと聞いてあげたり、思いやりをもつことが大切です。

いつかは遠距離は終わるもので、その先のゴールが幸せなものになるかどうかは二人の努力次第です。

今回の記事を参考に、遠距離だからとネガティブにならず、この期間がお互いの気持ちを成長させる大切な期間なんだと明るい気持ちで乗り越えましょう。

Sponsored Link