付き合い始めのデートの頻度は?社会人の期間別で平均は?

社会人カップルのデートの頻度って、いったいどのくらいなんでしょう?

デートの頻度が多いからと言ってうまくいくのでしょうか?

反対に、少ないからと言って相手が冷めているということでしょうか?

付き合い始めの社会人カップルのデートの頻度は多い?少ない?

付き合い始めの社会人カップルの平均を見てみましょう!

Sponsored Link

 

付き合い始めはできるだけ頻繁に会おう!

付き合い始めの期間を、交際3ヶ月までとしましょう。

幸せな気持ちと同じくらい不安な気持ちがあるのが、付き合い始めの頃ですよね。

自分の気持ちをうまく相手に伝えられなかったり、相手との距離感に悩んだりすることもあるのではないでしょうか。

心理コーディネーターによると、付き合い始めは、できるだけ頻繁に会えるといいそうです。

お互いの仕事帰りや平日の夜など、会えるときに会ってしっかりと仲を深めておくことがポイントのようです。

遠距離などのやむを得ない場合は、連絡をとり気持ちを繋げておくことも大事ですね。

ただし、「たくさんデートしなくちゃ!」と思うあまり、無理にデートをする「義務デート」にはならないように注意しましょう。

 

社会人カップルの平均的なデート頻度とその特徴

社会人カップルの場合のデート頻度はどのくらいなのでしょう。

一般的な平均をみてみましょう。

「付き合い始めから3ヶ月」と「3ヶ月以上」に分け、それぞれの平均と特徴を調べてみました。

  • 付き合い始めから3ヶ月・・・1週間に2回
    • なるべく一緒に過ごして、お互いをもっと知りたい。
    • 会うことを楽しみに、仕事を頑張れる。
    • もう少し会いたいと思っているが、仕事の都合で時間を作ることができない。
  • 3ヶ月以上・・・1週間に1回もしくは2週間に1回
    • 自分の時間も大切にしたい。
    • 次のデートのプランニングもでき、毎回のデートを楽しむことができる。
    • マンネリにならないようにしたいし、たまに会うことで、ドキドキ感を持続させたい。
Sponsored Link

 

デート頻度が多い場合、少ない場合のメリット・デメリット

デート頻度が多いと、一緒にいられる幸せを感じ、相手の気持ちを読み、上手に付き合うコツを見つけることができるようになってきます。

逆に、デートがワンパターンになって、「慣れ」が出てきます。

一緒にいることが当たり前になり、相手を思いやることをつい忘れてしまいます。

デート頻度が少ない場合、恋愛だけではなく仕事や趣味にも時間をかけられ、スキルアップができ、メリハリのある生活をおくることが出来ます。

会えない時間の中で、相手への想いも高まり、一緒に過ごせるときに、より仲良くいられることができます。

逆に、デート頻度が少ないことで、他の異性との関わりの機会も多くなったり、仕事や趣味を重要視しすぎたりして気持ちが冷めてくる可能性があります。

また、男女の理想のデート頻度についてですが、女性は男性より多い頻度でデートがしたいという傾向があるようです。

理想のデート頻度についても、お互いに話し合って、理解し合う必要がありそうですね。

 

付き合い始めのデートの頻度は?社会人の期間別で平均は?まとめ

おわかりのように、付き合い始めのデートの頻度は?の答えは、ひとつではありません。

他のカップルと比較して、デートの頻度の多い少ないを決めることでもありません。

デート頻度は、お互いの関係やライフスタイル、そしてなによりも、相手の気持を理解し合って、決めていくものだと思います。

「一緒にいて居心地がいい」という感覚がもてるデートの頻度を考えてみてはどうでしょうか?

これらを参考にして、二人にあった最適な頻度のデートを楽しんでくださいね。

Sponsored Link