恋活アプリで彼氏を作るためのメッセージのコツ

恋活アプリで彼氏を作るためのメッセージのコツ

恋活アプリや婚活アプリを利用したときに重要なのが、メッセージのやり取りですよね。

アプリに登録してたくさんの異性の中から条件に合う、好みのタイプの男性を見つけたら、まずはマッチングをしてメッセージのやり取りをします。

マッチングするかどうかは登録している写真やプロフィールの内容によるので、それらももちろん重要です。

ですがマッチングした後には、実際に会う前にメッセージのやり取りがありますから、メッセージ交換は重要です。

今回はそのメッセージのコツをご紹介します。

タイミングを相手に合わせる

メッセージを送るタイミングについてですが、相手のタイミングに合わせるようにしましょう。

よく「男性を振り向かせるにはメールはすぐに返信しない」という方法がありますが、恋活アプリで知り合った男性に対しては、すぐに返信することをおすすめします。

「メールをすぐに返信しない」というのは、自分のことを気にかけさせるというときには有効でしょう。

ですが恋活アプリで知り合った男性とは「恋愛に発展するかどうか」を前提にメッセージのやり取りをしています。

それなのに返信がすぐに返ってこなかったりしたら「俺には気が無いのかな?」と思われてしまいますよね。

「この人とは会ってみたいな」と思う人が居たらすぐに返信をして「あなたに好感を持っています」という姿勢をとる方が良いでしょう。

質問で会話を続ける

メッセージのやり取りの基本は質問です。

友達とのやり取りであればスタンプなどのやり取りがあったり、短文でのやり取りや報告のような内容でメッセージを送ることがあるかもしれません。

ですが、まだあまりよく知らない人から「〇〇に行ったよ~超綺麗だった!」と送られてきたらどうでしょうか。

もちろん、これだけで悪い印象があるというわけではありませんが「知らね~よ!!」と思われかねません。

それなら「〇〇に行ったよ~超綺麗だった!〇〇さんは行ったことありますか?」などと質問をすることでメッセージが返しやすくなりますよね。

会話のネタはどんなものが良い?

質問で相手にメッセージを送るのも良いのですが、話題はどのようなものを選べばよいでしょうか。

これはバランスではありますが、基本的には相手の興味のあることについて質問するのが良いでしょう。

「〇〇が好きなんですよね。わたしは〇〇をやったことあるんですけど、〇〇するコツってあるんですか?」などと、相手が興味のあることを、自分のことを絡めつつ、質問するのがおすすめです。

また、相手の興味のある話題ばかりで話を進めるのも良くありません。

全く知らないことについて質問ばかりしていると、インタビューのようになってしまい、逆に親近感を持てなくなってしまうことがあるからです。

バランスを見て自分の趣味についても話題に出して、相手の興味を探ってみると良いでしょう。

内容や距離感も相手に合わせるのがベター

メッセージの言葉遣いや量についても相手に合わせるのが良いでしょう。

絵文字についても、相手があまり使わない人であればあまり使わないのがベターです。

いきなりため口で話したり、長文もしくは短文で返したり、会話のリズムが崩れるようなことをするのは避けましょう。

これは実際に会っているときでもそうですよね。

ひとりでしゃべっているだけでなく会話をするように心がければ、文章の量や絵文字の量、返信のスピードなどについてもリズムが合うようになってくるでしょう。

そうすれば、お互いにメッセージを気楽にできるようになり、メッセージが続いていく可能性が高まります。

相手を知り自分を知ってもらう

恋活アプリで知り合った後にメッセージでやり取りをするというのは、お互いに合うかどうかを判断するためという意図が大きいと思います。

そのためには、お互いを掘り下げて会話をする必要があります。

相手のことばかりを聞きすぎてもいけませんし、自分のことばかりを話しても良くありません。

相手を知りながら自分も知ってもらうということを心がけましょう。

まとめ

恋活アプリで知り合った男性とは、メル友になるわけではありません。

ですが、実際に出会う前にメッセージのやり取りは大変重要です。

ぜひ、実際に会ってみたいと思う男性とメッセージのやりとりをするときに、参考にしてみてください。