【評価】婚活・恋活アプリ「with」実際に使ってみた!メンタリストDaiGo監修のマッチングサービス

カップル

私の友人が恋活を探していたときに利用していたのが「with」でした。

「なかなか良いよ」とオススメされたので利用したのが、私がwithを利用したきっかけです。

使ってみたところ「良い出会いがありそう!」と感じたのでここでご紹介します!

withってなに?

恋活・婚活アプリのwithでは心理学や統計学を利用して自分と合う人とマッチングできるサービスです。

登録をするときに心理テストを受けて、アプリ内でタイプが合う人を探すことができます。

この心理テストがなかなか面白いですし、相手の顔写真、相手のプロフィール以外に相手を知ることができるので、自分と合うかどうかの判断材料になりますし、会話も広がりやすいです。

Facebookを利用して登録して大丈夫?

登録は無料ですが、Facebookを利用した登録が必要です。

「Facebookを利用して登録する」というと「知り合いにアプリを利用していることがバレるんじゃないかな?」と心配になりますよね。

ですが、アプリからFacebookに投稿されることはありませんし、Facebookの友達に知られることはないので、安心して利用できます。

また、Facebookで登録している本名がwith内で表示されることもありません。

withに登録をすると、Facebookで登録している本名のイニシャルが名前として表示されます。

利用料金は?

女性は無料で利用することができます。

ただし、クレジットカードを利用して年齢認証をする場合には税込み100円がかかるので、注意してください。

そのほかポイントを購入することはできますが、ポイントを利用しなくてもマッチングをしてメッセージをやり取りすることができます。

男性は無料で登録・利用することができますが、メッセージのやり取りをするためには有料会員になる必要があります。

クレジットカード決済であれば、12ヶ月プランでひと月あたり1,800円で利用することができ、じっくりと相手を探しながら恋活したいときにはおすすめです。

逆に「とりあえず少し利用してみたい」ということであればAppleID決済で1週間プランを利用することもできます。

1週間プランは1,400円なので割高ではありますが「アプリの出会いでちゃんと連絡を取ることができるのか?」「返信がちゃんと来るのか?」など不安な方はこちらから利用を開始するのもおすすめです。

1週間プランは、まずは利用してみたい!短期集中で知り合いたい!という方にもオススメですが、「ヤリモクだからサクッと出会いたい」という方にはオススメできません。
withには真面目に恋活をしている人が多いので、すぐにオフライン出会いたいという人には向いていませんので、そういった人は別のサービスを利用した方が良いです。

出会うまでの流れは?

プロフィールを登録したら、相手を探します。

withでの相手の探し方

  • 新着の登録者の一覧から探す
  • 好みの合う異性から探す
  • 条件を絞り込んで検索する
  • 心理テストの結果が合う異性を探す

気になる人がいたら「いいね」を送り、相手からも良いと思ってもらえればトークを開始することができます。

心理テストの結果からマッチングする

withの特徴のひとつに「メンタリストDaiGo監修」ということがあります。

アプリ内で心理テストを受けることができ、そのテストの結果が合う異性を一覧で見ることができます。

心理テストは「占い」というより「心理学・統計学」を利用したテストという感じです。

私の感覚的には「当たっている」と感じ、心理テストの結果を参考にしてマッチングした男性とは、話しやすかったです。

なので、登録したら最初に心理テストを受けることをオススメします。

withを使った感想

まじめな出会いを探している人が多い!

プロフィールをしっかり入力している人が多くて「まじめに出会いを探している人が多いんだな」と感じました。

また、写真をしっかり登録している人が多いのも好印象でした。

外見で判断するわけでは無いのですが、あまりにも「適当に登録したんだな~」という写真では印象が良くないですし、本気度が伝わってきませんよね。

その点withは印象が良かったです。

真面目に恋活したい人はもちろん、婚活にも向いているのではないかという感じです。

細かなプロフィールを見れる!

プロフィールの項目が細かいので、条件に合った相手を見つけやすいです。

身長や居住地のほか、出身地や家族構成などがわかるので、「この人と付き合ったらどうなるだろう?」というイメージがしやすいですよね。

もちろん、プロフィールの項目が多くても入力されていない項目は表示されません。
ですが、withではプロフィールを埋めている人が多いようで、プロフィール項目については細かく見ることができました。

一覧表示が見やすいから、合いそうな男性を見つけやすい

一覧で表示されている画面から好みの人を見つけるときに、とても見やすいです。

写真のほかに「今週入会」「共通点〇個」「心理テストで一致」などの項目を確認できるので、気の合いそうな人を見つけやすいです。

withで出会うときの注意点

自分のプロフィールを充実させる

withでは相手を探すことも大切ですが、相手に気に入ってもらうこともとても大切です。

特に写真は重要ですので、その辺で適当に撮ったりせず、知人に撮ってもらったり、自分の魅力をアピールできる写真を利用するようにしましょう。

その他、プロフィールを入力することで自分に興味を持ってもらえるきっかけを作ることができるので、入力できるところはできるだけ入力しておきましょう。

相手を探すときには「絞り込み」で検索を!

せっかく豊富な項目で絞り込んで検索することができるので、絞り込み検索をして相手を探してみましょう。

条件にばっちり合う人がいれば、なんとしてもやり取りしたい!出会いたい!となり、トークも相手に楽しんでもらえるように気を付けるようになります。

そうして相手にも「この人とトークをしていると楽いな」と思ってもらうことができれば、実際に会って話をすることができますから、まずは自分が強く興味を持てる相手を探すようにしましょう。

たくさんあるプロフィールの項目から絞り込んで相手を検索することができるのですが、条件の入れすぎには注意が必要です。
条件が合う人を見つけることも大切ですが、恋愛においては条件に合わない部分があっても他で補完できることがありますので、まずは少し広めの条件にしてどんな方が登録しているかざっと見てみると、思わぬ出会いがあるかもしれません。

「いいね」は待つより積極的に送る!

興味がある人がいたら、積極的に「いいね」を送ってみましょう。

「相手からもいいねが返ってこなかったらどうしよう?」なんて心配する必要はありません。

ネット上のやり取りですから、相手からの「いいね」が返ってこなかったからといってあなたの評判が悪くなるわけではありません。

また「自分にいいねしてくれた人とだけやり取りをしよう」と思うかもしれませんが、それでは自分の好みの人ともっと出会える可能性を逃してしまっています。

そもそも自分から「気になるな?」と思った人との方が、相手に興味を持ってメッセージのやり取りができますよね。

そういった意味でも、気になる人がいたら積極的にいいねをしていきましょう。

同時にたくさんの人とやり取りをしすぎない

先ほどの話と矛盾するかもしれませんが、同時にたくさんの人とメッセージのやり取りをすることはおすすめしません。

たくさんの人とやり取りをしていると、ひとりひとりへの興味が薄くなり、トークの内容がその場しのぎの適当なものになってしまいます。

そうすると、だんだん相手からの返信が減ってしまったり、自分も返信をするのが億劫になってしまったりします。

それでは、せっかくマッチングしても実際に会うことができませんので、同時にトークをする人数は、しっかりと相手とコミュニケーションが取れる人数までにしておきましょう。

通知にはすぐに気づけるようにしておく!

これはめちゃめちゃ重要です!

出会い系のアプリというと「通知がたくさん来ると面倒だな」と思うかもしれませんが、通知は切らないでください。

withではアプリ内でマッチングした相手とやり取りをすることができますから、通知が無いと相手からのメッセージに気づけないんです!

コミュニケーションは相手あってのことですから、相手に合わせることも必要です。

自分本位のタイミングでだけメッセージを返していては、なかなか仲が深まりませんので、メッセージに気づけるようにしてください。

withの総合評価

withに登録している人は雰囲気の良い人が多く、真面目に恋活や婚活をするためにおすすめできるアプリです。

アプリのデザインもおしゃれですし、相手を探す方法もたくさんあってアプリでのマッチングにしては好みの男性を探しやすいです。

女性は利用無料ですし、男性もやり取りが発生するまでは無料なので、どんな人が登録しているのか、使い勝手がどんな感じか見てみるのがおすすめです。

最初から心理テストができるので、自分はどんなタイプか、オススメのタイプはどんな方かなどを見てみるだけでも価値があると思います。

こんな記事もおすすめ!

まじめに出会いたい人必見!おすすめ出会いサービスは?